全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

豪華なジビエに感激 豊頃中卒業生が特別会食

地元産食材を使った多彩な料理を堪能する生徒

 豊頃中学校(吾妻昌三校長、生徒68人)を今春卒業する21人を対象とした「中学校卒業記念特別会食」が7日、豊頃町える夢館で開かれた。食肉加工・飲食業のELEZO社(町大津、佐々木章太代表)の協力の下、地場の農産物や海産物を使った豪華なコースが振る舞われた。

 町外に進学する生徒に豊頃の良さを再認識してもらおうと、現在の学校給食センターの稼働(1998年4月)を受け、町教育委員会が99年3月に開始。これまで同センターの栄養士が考案した給食の提供だったが、今回初めて地元企業が協力した。

 この日は生徒19人のほか、按田武町長、中川直幸教育長、担任教諭ら合わせて約30人が参加。会食の前に佐々木代表が「僕らの手掛ける食を皆さんに届けたかった」などと経緯を説明し、同社を紹介するプロモーションビデオ(PV)がスクリーンに映し出された。

 会食のメニューは、アミューズ(つまみ)に「豊頃産 蝦夷鹿コンソメスープ」、前菜に「豊頃産 軍鶏と放牧豚のパテアンクルート」、温菜に「大津産 秋鮭の瞬間スモーク 豆のサラダ添え」、主菜に「蝦夷(えぞ)鹿ローストとサルシッチャ じゃがいものピューレ」、デザートに「大津産 ブランマンジェ」の5品。

 食材には大津漁協(中村純也組合長)のサケや、町内の農事組合法人Jリード(井下英透代表)の牛乳に加え、豊頃産のジャガイモや豆などが使われている。

 生徒らはナイフとフォークを使って特別な料理を堪能。最後に生徒の代表が「おいしく食べることができた。卒業後は自分たちの夢に向かって頑張る」と抱負を述べた。

関連記事

94歳“最後の最後”の同窓会 帯広大谷女子校第22期生

 帯広大谷高等女学校第22期生(1947年卒)のクラス会が12日、帯広市内のコミュニティーサロン「あがり・框(かまち)」で開かれた。“最後の最後”として行われた会で、今年度に94歳を迎える同窓生...

宇部日報社

見初のシンボルマーク誕生 住民がデザイン「地域盛り上げたい」【宇部】

 見初地域づくり協議会(梅田寛会長)は、地区のシンボルマークを作製した。漢字の「見」をモチーフにしたデザインで、今月から同会の広報紙やチラシなど、関連するさまざまな場面で使用する。  昨年、...

豊橋鉄道、愛されて100年 美博で企画展

 豊橋市美術博物館で13日から「豊橋鉄道100年 市電と渥美線」が開かれる。12日、開場式と内覧会があった。  市内中心部を走る路面電車「東田本線(市内線)」と、新豊橋駅と三河田原駅を結ぶ「渥美...

「クルーズシンポ」開催へ 20日、マティダ市民劇場 効果の最大化図る狙い 2..

 クルーズ船受け入れに対する取り組みや寄港による経済効果などを紹介する「宮古島クルーズシンポジウム」が20日にマティダ市民劇場で開催される。これに先立ち12日、市観光商工課が会見し、多くの市民の来場を...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク