全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

行ってきます! 大島高、甲子園へ出発 奄美空港 航空3社が激励会

選抜大会の激励会で、力強く決意を述べる大島高校野球部の武田主将=9日、奄美市笠利町の奄美空港

 第94回選抜高校野球大会(18日開幕、阪神甲子園球場)に出場する鹿児島県奄美市名瀬の県立大島高校野球部の選手と引率教諭ら40人が9日、甲子園に向けて出発した。同市笠利町の奄美空港で激励会が行われ、武田涼雅主将は「島の人たちへの感謝の気持ちを忘れず、思い切ってエンジョイング・ベースボールを楽しんでくる」と決意を述べた。大島高は大会5日目の22日、明秀日立(茨城)と対戦する。

 激励会は選抜大会での健闘を祈念しようと、同空港に乗り入れている航空3社が企画。各社の代表者は「日ごろの練習成果を出し尽くす試合ができるよう、奄美から応援する」「甲子園でもスットゴレ打線を披露してくれると期待している」「甲子園で試合を楽しんできて」とエールを送った。

 塗木哲哉監督は「皆さんの温かい言葉や保護者の見守りなど、これだけの支えがある中で甲子園球場で野球ができる喜びにわくわくしている。夢中になって野球をしているわれわれの姿を見て、皆さんがわくわくしてくれたらうれしい。甲子園で頑張ってくる」と話した。

 大野稼頭央投手は「甲子園に行く実感が湧いてきた。多くの応援に感謝している。(初戦は)接戦になると思うが、自分たちらしい野球をして勝ち切りたい」と語った。

 搭乗前にはJALグループ職員が制作したミサンガやメッセージカードを手渡し、一般の空港利用者が記したメッセージボードも贈った。駐機場ではJAL職員が横断幕を掲げ、手を振りながら出発を見送った。

 同校野球部は10~16日に兵庫県内を中心に関西の高校と練習試合を行い、17~21日は本番に備え調整する。

関連記事

釧路新聞社

エゾイソツツジが見頃 硫黄山の麓で大群落【弟子屈】

 【弟子屈】硫黄山の麓で大群落が広がるエゾイソツツジの花が満開となり、見頃を迎えた。酸性の土壌という厳しい環境下でも、小さくてかわいらしい白い花が咲き誇り、訪れる人の目を楽しませている。また、...

釧路新聞社

海岸漂着物 釧路管内30㌧ 22年度、根室は18㌧

 釧路、根室地域における海岸の良好な景観と環境の保全について協議する「釧根地域海岸漂着物対策推進協議会」が14日、釧路総合振興局で開かれ、ウェブ参加を含めた約40人の出席者が、海岸漂着物の処理...

長野日報社

富士見町と原村でロケ 映画「悪は存在しない」 諏訪シネマズに認定 長野県

長野県の諏訪地方観光連盟は14日、富士見町と原村を主要ロケ地として撮影され、ベネチア国際映画祭で銀獅子賞を受けた映画「悪は存在しない」を「諏訪シネマズ」に認定した。出演俳優の小坂竜士さん(38...

紀伊民報社

梅産地を守ろう 梅産地を守ろう 和歌山県田辺市

 ひょうの被害などで影響を受けている地域の梅産業を支えようと、和歌山県田辺市は13日、支援策を発表した。農家への直接的な支援のほか、都市部での梅のPRイベントを企画。真砂充敏市長は「梅は地域の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク