全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

鶴岡で「マカオ給食の日」 ユネスコ食文化創造都市同士が交流

 鶴岡市内の全ての小中学校の給食で先月下旬から今月初めにかけ、中国・マカオの代表的な家庭料理を提供する「マカオ給食の日」が行われた。学校給食を通じた同じユネスコ食文化創造都市同士の交流の一環で、庄内産豚肉のひき肉や鶴岡特産のだだちゃ豆を使った「鶴岡風ミンチィ」を楽しんだ。

ユネスコ食文化創造都市の交流で「マカオ給食の日」に提供された「鶴岡風ミンチィ」

 ユネスコ食文化創造都市は現在、世界の49都市が認定されている。鶴岡市は2014年、マカオは17年の認定。マカオ政府観光局日本オフィスの代表だった榊原史博さんが鶴岡市出身の縁もあり、マカオ側から学校給食による交流事業の提案。鶴岡で調達できる食材を使ったマカオ料理を提供することになった。他の食文化創造都市に関する料理の給食提供は初の試み。

 マカオ料理のミンチィは、甘みのあるしょうゆで炒めたひき肉と、角切りにして揚げたジャガイモと目玉焼きを添えて食べるマカオ版「そぼろごはん」。これに、だだちゃ豆を加えて「鶴岡風」にした。

 先月22日と今月1、4、7日の4回に分けて市内の全小学生約5600人と中学生約3100人の児童生徒に提供。このうち、朝暘一小では7日に「マカオ給食の日」が行われ、1年生の芳賀英成君(7)は「お肉に入った具と卵がご飯に合ってとてもおいしくて、おかわりもした。また食べたい」、6年生の佐藤香都さん(11)と三谷孝介君(12)は「普段の給食とはまた違ったおいしさがあった」「ひき肉やジャガイモが柔らかくて、味が染み込んでいておいしかった」とそれぞれ感想を話した。

 給食に合わせて全児童生徒に、ユネスコ食文化創造都市や鶴岡とマカオの食文化などを紹介したランチョンマット(紙製カラーA3判サイズ)も配布された。市食文化創造都市推進課は「ユネスコ食文化創造都市の世界都市との交流のモデル的な取り組み。家庭でも食文化創造都市ならではの食を楽しむ機会の創出につなげていきたいと考え、子どもたちからはランチョンマットを自宅に持ち帰ってもらった」と話している。

マカオ料理のミンチィをおいしそうに食べる朝一小の児童たち=7日

関連記事

紀伊民報社

返礼品に「一日駅長」 車内放送も体験 すさみ町

 和歌山県のすさみ町とJR西日本、日本旅行は14日、すさみ町のふるさと納税の返礼品として、町内にある周参見駅での「一日駅長体験」を共同企画したと発表した。3人限定で、寄付額は50万円と設定。「リ...

全国温泉サミットin虎杖浜 魅力発信 知名度向上へ 来月7日から 白老

白老町の虎杖浜温泉ホテル駐車場を会場に7月7日から3日間開催される「全国温泉サミットin虎杖浜温泉」(日本源泉かけ流し温泉協会主催)まで、1カ月を切った。同協会に加盟する温泉、浴場関係者が全国から...

ヨーカドーと思い出づくり 帯広店で地域挙げ稲田まつり

 今月末で閉店するイトーヨーカドー帯広店の駐車場で15日、「稲田まつり」が開かれた。キッチンカーや縁日が並び、来場者は楽しい思い出とともにヨーカドーの姿を目に焼き付けた。  地域住民らでつく...

荘内日報社

漁火照らす港でゆったり 酒田 能登被災者応援イベント

 今年元日の能登半島地震で被災した石川県内の漁業者支援を目的にしたチャリティーイベント「第1回酒田港漁火(いさりび)まつり」が14日夕、酒田市の酒田港東ふ頭交流施設「SAKATANTO(サカタント)」...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク