全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

AI使いバスで路面診断 空港会社とNEC、一般道で実験

南紀白浜空港と新宮・東牟婁を結ぶリムジンバス。円内はバスに設置したドライブレコーダー(和歌山県白浜町の南紀白浜空港で)

 南紀白浜エアポート(和歌山県白浜町)とNEC(東京都)は、熊野御坊南海バス(和歌山県新宮市)と連携し、ドライブレコーダー(ドラレコ)の画像から人工知能(AI)が路面の損傷具合を診断・評価する技術を一般道で使えないか実験を始める。バスに旅客輸送だけでなく道路点検の役割も担ってもらおうという取り組みで、国土交通省も注目している。

 白浜空港―新宮・東牟婁間(片道103キロ)を1日2往復しているリムジンバスに、路面を撮影できる角度でドラレコを新たに設置。コースの紀勢自動車道や国道42号で、ひび割れや凸凹を検知できるか実験する。建設コンサルタント「オリエンタルコンサルタンツ」(東京都)は知見を提供する形で協力する。
 10日からの1カ月間を実証期間とし、得たデータは国交省へ提供する方針。期間は延長することがある。
 道路の点検業務の効率化を図りつつ、バスが走る目的を増やせないかと考えた。エアポート社では「特に地方のインフラ事業者に希望を与えられる取り組みになればいい」と期待している。
 ドラレコの画像からAIが診断・評価する技術は、白浜空港の滑走路点検に導入している。目視による見落としの可能性を軽減でき、舗装劣化の進み具合も測れるという。社会資本の維持、補修に関する優れた取り組みを表彰する「インフラメンテナンス大賞」で、この技術は国土交通大臣賞を受賞している。
 紀勢道や国道42号を管理する紀南河川国道事務所(田辺市中万呂)は「どんな効果があるのか注目している」と話している。現在は、目視や車両に付けているドラレコの映像から点検しているという。

関連記事

紀伊民報社

地蔵の顔欠け「かわいそう」 「百間ぐら」で風化か

 世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に登録されている熊野古道「小雲取越」の途中にある和歌山県田辺市本宮町の名所「百間ぐら」で、道沿いにある地蔵の顔が欠けた状態になっている。風化によるとみられるが...

小中学校 「ふっこう応援給食の日」 能登牛カレーに舌鼓  白老

白老町の小中学校で11日、石川県のブランド牛「能登牛」を使ったビーフカレーが給食に提供された。白老牛銘柄推進協議会(岩崎考真会長)が能登半島地震の被災地支援のため購入した牛肉。町教育委員会(しらお...

忠類から詐欺撲滅! ボランティア団体「どんとこいの会」結成

 幕別町忠類で、地元建設会社とシニアクラブが詐欺撲滅を目指すボランティア団体「詐欺撲滅団 忠類どんとこいの会」を結成した。帯広署管内でSNS詐欺防止のボランティア団体がつくられるのは初めて。同署忠...

荘内日報社

“郵便のお仕事”興味津々 松原保育園児が鶴岡郵便局訪問

 鶴岡市宝町の市立松原保育園(齋藤功園長、園児115人)の園児たちが11日、同市山王町の鶴岡郵便局(藤井泰局長)を訪問し、仕分けや押印など郵便業務を見学した。  園児たちが大好きな郵便配達をテーマにし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク