全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

グリーンスローモビリティ、30日で運行終了【宇部】

30日に運行を終える小型電動車(市役所前で)

 宇部市中心市街地の公道を時速20㌔未満で走る小型電動車「グリーンスローモビリティ(グリスロ)」の運行が30日で終了する。市が地域住民や観光客の新たな移動手段を確保しようと、2019年の実証実験を経て20年9月に導入したが、利用者数は1日平均3・7人と振るわず、事業継続は困難と判断した。開始からわずか1年半での打ち切りとなる。

 ゴルフカートに似たグリスロは環境への負荷が少なく狭い路地でも通行が可能。運賃は無料で定員は4人(運転席と助手席除く)。現在の乗車場所は宇部新川駅、市立図書館、尾中病院、市役所、常盤町1丁目スマイルマーケット(トキスマ)、ボスティビルド(まるき常盤通り店)の6カ所で、平日に1日4往復している。運行開始から今月4日までの利用者数は1275人で、1便当たりの平均は0・4人ほどと伸び悩んでいた。

 市は19年に、国土交通省のグリスロ活用検討に向けた実証調査地域に選ばれ、同年10月末から12日間、実証実験を行った。市民ら延べ355人が利用し、乗車アンケートでは回答した人の約8割が導入を希望した。

 そこで市は20年度に約660万円で車両1台を購入。運行開始以降は停留所の追加、運行ダイヤの改善などを図ったが、低速のため後続車の運行を優先させなければならないことや安全面を考慮して左折運行を基本とするため遠回りになるといった課題が残り、乗車した高齢者から車両の振動が強く乗り心地が悪いといった声も寄せられていた。コロナ禍による外出控えや、停車場所の一つであるトキスマの閉館も影響した。

 運行は市交通局が行い、運行経費の半分は国の補助金で賄われているが、利用者の低迷に加え、今年度で国の補助が無くなることもあり事業終了を決めた。

 市交通政策推進グループの羽根伸宏リーダーは「今後はイベント時にグリスロを貸し出すなど、活用の可能性を検討していきたい」としている。

関連記事

紀伊民報社

地蔵の顔欠け「かわいそう」 「百間ぐら」で風化か

 世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に登録されている熊野古道「小雲取越」の途中にある和歌山県田辺市本宮町の名所「百間ぐら」で、道沿いにある地蔵の顔が欠けた状態になっている。風化によるとみられるが...

小中学校 「ふっこう応援給食の日」 能登牛カレーに舌鼓  白老

白老町の小中学校で11日、石川県のブランド牛「能登牛」を使ったビーフカレーが給食に提供された。白老牛銘柄推進協議会(岩崎考真会長)が能登半島地震の被災地支援のため購入した牛肉。町教育委員会(しらお...

忠類から詐欺撲滅! ボランティア団体「どんとこいの会」結成

 幕別町忠類で、地元建設会社とシニアクラブが詐欺撲滅を目指すボランティア団体「詐欺撲滅団 忠類どんとこいの会」を結成した。帯広署管内でSNS詐欺防止のボランティア団体がつくられるのは初めて。同署忠...

荘内日報社

“郵便のお仕事”興味津々 松原保育園児が鶴岡郵便局訪問

 鶴岡市宝町の市立松原保育園(齋藤功園長、園児115人)の園児たちが11日、同市山王町の鶴岡郵便局(藤井泰局長)を訪問し、仕分けや押印など郵便業務を見学した。  園児たちが大好きな郵便配達をテーマにし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク