全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

全日本高校書道準大賞 帯広柏葉 池原さん大村さん

 第26回全日本高校書道コンクール(全日本書道教育振興協会主催)の半紙の部で、帯広柏葉高書道部の池原亜飛(あと)さん(3年)と大村和奏(わかな)さん(2年)がともに準大賞に輝いた。同コンクールは昨年度、コロナ禍で開催を中止し2年ぶり。同校からは第25回に続いて2人が準大賞に選ばれた。

準大賞を喜ぶ帯柏葉の(左から)池原さん、大村さん

 同コンクールには半紙、画仙紙の両部に全国297校から計1万3456点が出品された。最高賞の大賞に55点、第2席の準大賞に117点が選ばれた。

 池原さんは石に文字を刻んで印章とする「篆刻(てんこく)」を創作。中国の篆刻家・斉白石の作風をまねて、心がさっぱりと澄み切っていることを意味する「光風霽月(こうふうせいげつ)」を刻んだ。「今にして思うともう少しできたかなと感じるが、独特の作風に挑んだ点を評価してもらえたのでは」と喜ぶ。

池原さんの受賞作(帯柏葉提供)

 池原さんは昨夏の全国高文連書道部門に十勝から唯一出場。「高校最後を良い結果で終わることができた。今後も趣味で創作活動を続けたい」と話した。

 大村さんは書道部部長。中国南北朝時代に彫られた「張猛龍碑(ちょうもうりょうひ)」に挑んだ。「一線一線が力強くてかっこいい感じが好き。楷書体に取り組んできた自分の持ち味を出せると思った」と昨年10月ごろから打ち込んだ。

大村さんの受賞作(帯柏葉提供)

 太細の変化を意識し、「筆のさまざまな面を使い、紙面上に立体的な動きが出るよう工夫した。賞を目標にしてきたので評価はうれしい」と笑顔。「他でも作品が認められるよう、試行錯誤し、努力を積み上げたい」と意欲を新たにした。

 同校は団体賞でも最優秀校、特別優秀校(以上各1校)、優秀校11校に次ぐ優良校(41校)に選ばれた。同校書道部の高橋満紀子顧問は「コロナ禍で活動が制限され、モチベーションの維持は難しかったはず。そんな中、懸命に取り組んだ生徒に良い結果をいただけた」と話した。

関連記事

23年度県産マンゴー豊作 前年比14%増の2041㌧

 【那覇】県農林水産部は14日、県産マンゴーの2023年度実績を発表、県全体で前年比14%増の2041㌧、八重山地区も平年対比で29%増の247㌧と豊作だった。24年産は県全体で12%減を見込む。  23年産が豊作...

釧路新聞社

エゾイソツツジが見頃 硫黄山の麓で大群落【弟子屈】

 【弟子屈】硫黄山の麓で大群落が広がるエゾイソツツジの花が満開となり、見頃を迎えた。酸性の土壌という厳しい環境下でも、小さくてかわいらしい白い花が咲き誇り、訪れる人の目を楽しませている。また、...

釧路新聞社

海岸漂着物 釧路管内30㌧ 22年度、根室は18㌧

 釧路、根室地域における海岸の良好な景観と環境の保全について協議する「釧根地域海岸漂着物対策推進協議会」が14日、釧路総合振興局で開かれ、ウェブ参加を含めた約40人の出席者が、海岸漂着物の処理...

長野日報社

富士見町と原村でロケ 映画「悪は存在しない」 諏訪シネマズに認定 長野県

長野県の諏訪地方観光連盟は14日、富士見町と原村を主要ロケ地として撮影され、ベネチア国際映画祭で銀獅子賞を受けた映画「悪は存在しない」を「諏訪シネマズ」に認定した。出演俳優の小坂竜士さん(38...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク