全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

全日本高校書道準大賞 帯広柏葉 池原さん大村さん

 第26回全日本高校書道コンクール(全日本書道教育振興協会主催)の半紙の部で、帯広柏葉高書道部の池原亜飛(あと)さん(3年)と大村和奏(わかな)さん(2年)がともに準大賞に輝いた。同コンクールは昨年度、コロナ禍で開催を中止し2年ぶり。同校からは第25回に続いて2人が準大賞に選ばれた。

準大賞を喜ぶ帯柏葉の(左から)池原さん、大村さん

 同コンクールには半紙、画仙紙の両部に全国297校から計1万3456点が出品された。最高賞の大賞に55点、第2席の準大賞に117点が選ばれた。

 池原さんは石に文字を刻んで印章とする「篆刻(てんこく)」を創作。中国の篆刻家・斉白石の作風をまねて、心がさっぱりと澄み切っていることを意味する「光風霽月(こうふうせいげつ)」を刻んだ。「今にして思うともう少しできたかなと感じるが、独特の作風に挑んだ点を評価してもらえたのでは」と喜ぶ。

池原さんの受賞作(帯柏葉提供)

 池原さんは昨夏の全国高文連書道部門に十勝から唯一出場。「高校最後を良い結果で終わることができた。今後も趣味で創作活動を続けたい」と話した。

 大村さんは書道部部長。中国南北朝時代に彫られた「張猛龍碑(ちょうもうりょうひ)」に挑んだ。「一線一線が力強くてかっこいい感じが好き。楷書体に取り組んできた自分の持ち味を出せると思った」と昨年10月ごろから打ち込んだ。

大村さんの受賞作(帯柏葉提供)

 太細の変化を意識し、「筆のさまざまな面を使い、紙面上に立体的な動きが出るよう工夫した。賞を目標にしてきたので評価はうれしい」と笑顔。「他でも作品が認められるよう、試行錯誤し、努力を積み上げたい」と意欲を新たにした。

 同校は団体賞でも最優秀校、特別優秀校(以上各1校)、優秀校11校に次ぐ優良校(41校)に選ばれた。同校書道部の高橋満紀子顧問は「コロナ禍で活動が制限され、モチベーションの維持は難しかったはず。そんな中、懸命に取り組んだ生徒に良い結果をいただけた」と話した。

関連記事

ひな人形900体ユニークに飾る ファッションメールプラザ 苫小牧

苫小牧市表町3の商業施設ファッションメールプラザで3月19日まで、「プラザde雛(ひな)まつり」が開かれている。市民から寄せられたひな人形約900体を、音楽演奏などを表現したポーズで飾り、訪れた人...

民泊「どりふ」開業へ 出張、旅行需要見込む 大樹

 くさかガス設備(大樹町鏡町)を経営する日下昌樹さん(49)は、町内振別146で所有する一般住宅を改修し、民泊「どりふ」を3月中にも開業する。出張や旅行、少年団活動などの需要、「お試し移住」での利...

荘内日報社

松くい虫被害 庄内昨年過去最悪5万5644立方メートル 優先順位に従った駆除必..

 庄内地域のクロマツ林でマツノマダラカミキリ(松くい虫)による被害が広がっており、2023年は鶴岡、酒田、遊佐3市町の国有林・民有林計5万5644立方メートル(材積換算、前年2万2976立方メートル)に及び、過去...

宇部日報社

小野田高生が短編小説作製 地域の魅力を県内外へPR【山陽小野田】

 小野田高(天尾昇一校長)の総合文化部・文芸読書(村上結菜部長)の部員、生徒有志ら13人が、県内を舞台にした短編小説集「LOVE 山口県ショートショート―しあわせみいつけた」を作製した。11市...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク