全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

ライジンに花 従十年に1度、幸運招く

雷神の花

 山口県宇部市の常盤公園内ときわミュージアム「世界を旅する植物館」で、数十年に1度しか咲かないとされる多肉植物のライジンが開花し始めた。北中アメリカゾーンにあり、花びらがなく派手さはないが、たくさんのおしべが突き出した特徴的な花を咲かせて来園者の注目を集めている。

 1995年の旧熱帯植物館開館時に植栽されてから一度も咲いたことがなかった。しかし、先月初めごろから茎のような部分の花梗(かこう)の成長が著しく、開花の兆候を見せ始めた。50センチ程度だった花梗は、12個のつぼみを付けながら1カ月間で約2・5メートルまで成長。下のつぼみから順番に咲いていくもので、一番下が8日に咲いた。

 花は咲くと1~2日程度しか持たない。開花は今月下旬まで続き、その後、この株は枯れてしまう。世話をしている嘱託職員の中塚寿さんは「植栽から22年を経て初めて咲くという花は他にない。ライジンの花を見た人は、雷神の力を得て幸せになれるという伝説があるので、ぜひ観賞して」と話している。

関連記事

長野日報社

商店街「そっと」彩る七夕飾り 諏訪市末広

長野県諏訪市の末広連合商業会(長谷川佳史会長)は6日、七夕飾りを作り、商店街の街路灯に取り付けた。例年約3000人の人出でにぎわう恒例の七夕祭りは新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止したが...

長野日報社

遠照寺開創1200年記念に連鶴 富士連鶴の会が奉納

長野県伊那市高遠町山室の遠照寺に3日、同寺開創1200年を記念し、連鶴49個が奉納された。連鶴は静岡県富士市の「富士連鶴の会」が制作。1枚の紙から作り、数羽の鶴がつながっている連鶴が、1200...

「道の駅とよはし」全建賞道路部門を受賞

 豊橋市東七根町の道の駅「とよはし」が、全日本建設技術協会による全建賞の道路部門を受賞した。 優れた社会基盤整備事業を表彰するもので、自転車ツーリング用のサイクルピットや、電動アシスト自転...

長野日報社

諏訪湖サマーナイト花火 8月1日から開催

諏訪観光協会と諏訪湖温泉旅館組合でつくるサマーナイト花火実行委員会は26日、諏訪市の諏訪湖で花火を連日打ち上げる「諏訪湖サマーナイト花火」を8月1日から22日までの22日間、3密対策を講じた上で開...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク