全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

マラソンとデザート

コース途中の「給スイ所」に並ぶスイーツ=田原市白谷海浜公園で

 「体育の日」の9日、東三河の五つの青年会議所でつくる東三河5JC広域問題研究会は「東三河スイーツランinTAHARA」を田原市白谷海浜公園で開催し、出場者らがこの東三河地域で作られたスイーツを食べながらマラソンを楽しんだ。  交流人口の拡大や増加、地域の魅力を感じてもらおうと企画。コースは三河湾を眺めながら走る1周約2キロを3周するが、競技性よりもイベントを楽しんでもらうことを優先とし、タイムは計測しなかった。  この日は、女性を中心にカップルや子どもたち、家族連れら約200人が参加し、コース途中に配された“給スイ所”で東三河の和洋菓子、製菓店、農園などが手掛けたワッフルやパンナコッタ、ガトーショコラ、まんじゅう、ミカンジュース、イチゴのスムージーなど15種類を周回ごとに手に取り、味わいながら完走を目指した。  地元から参加した小学生の松井龍之介君と松井蔵之介君、石川晴南君の3人は「ミカンジュースと鬼まんじゅうがおいしかった」と絶賛していた。

関連記事

荘内日報社

「つるおか麦きり」をPR

 鶴岡名物の麦きりを観光客や市民にアピールしようと、鶴岡市麺類食堂組合(菅原原組合長)と庄内そば麦切り研鑽会(菅原原会長)などは新たに、麦きり提供店舗の目印とするのぼり旗「つるおか麦きり」を作製し...

清水高の長屋さん大澤さん優秀賞 スイーツ全道コン

 道内高校生のスイーツコンテスト「ハイスクールパティシエロワイヤル2019」(実行委員会主催)の本選が4日、三笠市の三笠高校生レストランで行われ、清水高校の作品「十勝の雪どけ」が第2位に当たる優秀...

紀伊民報社

ジオバウムが完成

 和歌山県串本町の大地が育んだ特産品のサツマイモ「なんたん蜜姫」を使ったバウムクーヘン「串本なんたんジオバウム」がこのほど完成した。27日に同町潮岬で開かれる、南紀熊野ジオパークセンターの開所式...

帯広メロン味わって 大玉「プレミアム」登場 出荷開始

 帯広と芽室の農家6戸が栽培している「帯広メロン」の出荷が23日、始まった。販売元のキサキ糧穀(帯広市愛国町)に約300玉が集まり、箱詰めして小売店や贈答用に発送された。  マスクメロンの帯...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク