全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「女子旅」行くなら、ここ!! 帯広温泉郷 全国3位

 全国の温泉地をインターネット投票で順位付けする「温泉総選挙2021」の「女子旅部門」で、帯広市内の銭湯や宿泊施設を含む「帯広温泉郷」が3位に初入賞した。温泉地としての知名度向上へ、観光関係者らの期待も高まりそうだ。

帯広温泉郷の発信に尽力する今さん

 帯広温泉郷は、帯広市地域おこし協力隊の今雅昭さん(37)が、市内にある銭湯11施設と温泉付きの宿泊施設9施設全てでモール温泉が楽しめることに着目。温泉地としてPRしようと、2020年の温泉総選挙への初エントリーに合わせて命名した。

 同選挙は民間組織「旅して日本プロジェクト」の主催で、今回で6回目。温泉地のさまざまな情報を提供し、活性化につなげる狙い。「リフレッシュ」「うる肌」など九つの部門ごとに、全国132の温泉地がエントリー。昨年11月から今年1月までの3カ月間で約100万票が寄せられた。

 帯広温泉郷は、「美人の湯」ともいわれるモール温泉や地元スイーツを前面に打ち出し、女子旅部門で7537票を獲得。四万温泉(群馬)、伊香保温泉(同)に次ぐ3位に輝いた。

 今さんは、20年3月からフリーペーパー「Chai」で「帯広温泉倶楽部」と銘打ち、温泉施設の紹介を毎月連載。温泉家の北出恭子さんを招いたトークショーや温泉施設のスタンプラリーなども企画し、魅力の発信に力を入れてきた。

 20年は「うる肌部門」にエントリーし、5位以内の入賞を逃したが、部門を変えてリベンジを果たした。

 今さんは「入賞が目標だったのでうれしい。地元の人たちに帯広の温泉の価値に気付いてもらい、全国の人にも知ってもらえるよう発信を続けたい」と喜びを語った。

 十勝管内では、十勝川温泉が19年のファミリー部門1位、ぬかびら源泉郷が18年のリフレッシュ部門1位など、いずれも入賞を重ねている。

関連記事

まちなか小劇場 息遣い間近に 「平原通り」こけら落とし満席 帯広

 帯広市中心部の商業ビル地下に誕生した民間の小劇場「平原通り小劇場」(西2南9)が15日、オープンした。こけら落とし公演には演劇ファンや関係者などが訪れ、昼・夜の部ともに全席完売と、好調な滑り...

数十年に一度開花 奄美大島でリュウゼツラン

 数十年に一度だけ咲くというリュウゼツランの花がこのほど、鹿児島県奄美大島の龍郷町にあるホテルカレッタで開花した。4メートル超の高さまで伸びた茎先に黄色い花を付けている。  場所はエントランス...

長野日報社

長野県中川村発「南信州レモン」 ブランド化図る取り組み開始

 マイヤーレモン栽培の県内先駆者で長野県中川村片桐南田島の矢澤義幸さん(56)が、住民有志と協力し、同村発で周辺の産地化を進め「南信州レモン」としてブランド化を図る取り組みを始めた。商標登録し統...

高校野球愛知大会 組み合わせ決まる

 28日に開幕する「第106回全国高校野球選手権愛知大会」(県高校野球連盟、朝日新聞社主催)の組み合わせ抽選会が15日、刈谷市総合文化センターであり、181校、173チームの組み合わせが決まった。開会...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク