全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

友好の絆強め親睦 かけはし相互交流継承へ

北上市商工会の中村好雄前会頭(右)の発声で乾杯する両市の関係者ら=8日夜、岩手県北上市のブランニューキタカミ

 【岩手県北上市で小浜早紀子記者】石垣・岩手かけはし交流協会(浦﨑肇会長)の交流ツアーの参加者らは8日夜、岩手県北上市内のホテルで開催された「石垣・岩手かけはし交流会」(岩手・沖縄かけはし交流協会主催)に出席した。岩手県の同協会員らと親睦を深め、さらなる相互交流と次世代への継承に期待を寄せた。  交流会には両会員や両市の関係者ら約90人が参加。  岩手県の福岡勝夫同協会長が「種もみ増殖支援の限られた範囲の交流から、どんどんその輪が広がっていると感じる。2年分の交流を楽しみ、さらに絆を深めたい」と歓迎した。  髙橋敏彦北上市長はあいさつで両市の友好都市提携5周年に向けた記念イベント開催などを提案。漢那政弘副市長が「人材、教育、スポーツ面などさまざまな形で、末永い交流にしていきたい。夢のある5周年になるよう、石垣へ戻ったらすぐに中山市長と相談したい」と応じた。  北上市商工会の中村好雄前会頭の発声で乾杯。舞台では、舞踊団体「さんさ好み」の盛岡さんさ踊り、那覇市出身の石垣憲司さん=北上市=率いる「みやらびエイサー」による力強い演舞などが次々と披露された。  盛岡さんさ踊りとみやらびエイサーのコラボでは、両市の友情の絆を示すように華やかなステージが繰り広げられ、会場からは惜しみない拍手が送られた。  石垣市と北上市は、1993年に岩手県を襲った大冷害の際に、石垣市で実施した種もみ増殖支援事業を機に交流を開始。2014年1月25日に友好都市提携を締結した。

関連記事

荘内日報社

酒田産日本酒が初めて中国・唐山市へ

 酒田市の友好都市である中国河北省唐山市に酒田産の日本酒が初めて輸出されることになり18日、輸出記念式典が輸出元である同市黒森の酒蔵「菊勇」(佐藤剛宏社長)で行われ、関係者がさらなる県産品の輸出拡大...

紀伊民報社

小規模修繕は自前で 南紀白浜エアポート

 南紀白浜エアポートは、運営する南紀白浜空港(和歌山県白浜町)内の滑走路や外周道路の小規模な損壊はできるだけ自分たちで修繕するようにしている。業者に頼むより費用を大幅に抑えられ、緊急時でも対応で...

被災地を笑顔に 「仮設の歌姫」奥野さんが復興応援ライブ-厚真

 全国の被災地で歌を届ける活動を展開し、「仮設の歌姫」として知られる大阪府出身の歌手・奥野ひかるさんが17日、厚真町表町公園仮設住宅で胆振東部地震で被災した町民を元気づける復興応援ライブを開いた...

出光道製油所構内、緑地整備に最高位 一般開放や地域交流も評価-都市緑化機..

 苫小牧市真砂町の出光興産北海道製油所は構内の緑地整備が評価され、公益財団法人都市緑化機構(東京)から全5段階の認定制度「社会・環境貢献緑地評価システム(シージェス)」で最高位を取得した。担当者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク