全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

巨大こいのぼり好調 五月人形商戦 帯広

ピークを迎える五月人形商戦。巨大こいのぼりの需要も高い(イトーヨーカドー帯広店)

 5月5日の「端午の節句」に向け、帯広市内の大型店で五月人形やこいのぼり商戦がピークを迎えている。巨大こいのぼりが好調な一方、五月人形は収納に適したコンパクトサイズが人気を集めている。

 端午の節句は男子の健やかな成長を願い、身を守るよろいやかぶとを飾り、こいのぼりを立てる。

 イトーヨーカドー帯広店では、大きさを実感してもらおうと6メートルのこいのぼりを展示。25万円程度の5メートルのこいのぼりセットが売れ筋で、ベランダに設置する最大約3メートルの商品なども取りそろえる。五月人形は6万~7万円のコンパクト商品が売れている。

 こいのぼりは前年比1割増、五月人形は前年並みの売れ行き。高嶋嗣仁文具玩具マネジャーは「土地の広い農家を中心に、巨大こいのぼりの需要は引き続き高い」と話す。

 藤丸では五月人形、こいのぼりともコンパクト商品が人気。「夜に見るよろいは恐い」と感じる若い母親が多く、かわいらしい男児がよろいかぶとを着用した15万円前後の「初陣飾り」が注目を集めている。来店者の9割以上が祖父母で、商品の写真を孫家族に送って選ぶ人が増えているという。こいのぼりは3~4メートルの商品が人気だ。

 売り上げは好調だった前年から2割ほどダウン。孫のために価格を気にせず購入する人がいる一方、不要と考える若い世代も増えているとし、子供家庭用品課の浦島行子係長は「世代間格差が広がっているようだ」とみる。

関連記事

奄美、沖縄合同で西表島視察 自然との共生へこども環境調査隊 

 鹿児島県奄美市内の小中学生6人で結成した「奄美こども環境調査隊」(奄美市教育委員会、南海日日新聞社主催)の沖縄県西表島視察が22日、始まった。初日は干潟の生き物を観察したほか、人と自然の共生に...

荘内日報社

山形大農学部2年生と研究生 就職、定住へ鶴岡の産業学ぶ

 山形大農学部の2年生と研究生を対象にした企業見学会が22日、鶴岡市内の2企業で行われ、学生たちが就学地の産業に理解を深めた。  学生たちに同市の産業の特色や企業活動への関心を高めてもらおうと昨年に...

紀伊民報社

ジオパークセンターが完成

 紀南に広がる貴重な地質遺産の情報を発信する「南紀熊野ジオパークセンター」が、和歌山県串本町潮岬の潮岬観光タワー隣接地に完成した。27日正午にオープンする。  県が約7億4千万円をかけて建設し...

帯広メロン味わって 大玉「プレミアム」登場 出荷開始

 帯広と芽室の農家6戸が栽培している「帯広メロン」の出荷が23日、始まった。販売元のキサキ糧穀(帯広市愛国町)に約300玉が集まり、箱詰めして小売店や贈答用に発送された。  マスクメロンの帯...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク