全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

巨大こいのぼり好調 五月人形商戦 帯広

ピークを迎える五月人形商戦。巨大こいのぼりの需要も高い(イトーヨーカドー帯広店)

 5月5日の「端午の節句」に向け、帯広市内の大型店で五月人形やこいのぼり商戦がピークを迎えている。巨大こいのぼりが好調な一方、五月人形は収納に適したコンパクトサイズが人気を集めている。

 端午の節句は男子の健やかな成長を願い、身を守るよろいやかぶとを飾り、こいのぼりを立てる。

 イトーヨーカドー帯広店では、大きさを実感してもらおうと6メートルのこいのぼりを展示。25万円程度の5メートルのこいのぼりセットが売れ筋で、ベランダに設置する最大約3メートルの商品なども取りそろえる。五月人形は6万~7万円のコンパクト商品が売れている。

 こいのぼりは前年比1割増、五月人形は前年並みの売れ行き。高嶋嗣仁文具玩具マネジャーは「土地の広い農家を中心に、巨大こいのぼりの需要は引き続き高い」と話す。

 藤丸では五月人形、こいのぼりともコンパクト商品が人気。「夜に見るよろいは恐い」と感じる若い母親が多く、かわいらしい男児がよろいかぶとを着用した15万円前後の「初陣飾り」が注目を集めている。来店者の9割以上が祖父母で、商品の写真を孫家族に送って選ぶ人が増えているという。こいのぼりは3~4メートルの商品が人気だ。

 売り上げは好調だった前年から2割ほどダウン。孫のために価格を気にせず購入する人がいる一方、不要と考える若い世代も増えているとし、子供家庭用品課の浦島行子係長は「世代間格差が広がっているようだ」とみる。

関連記事

香りも瓶詰め 十勝ワインヌーボ28日解禁 池田

 今年産ブドウを原料にした新酒「十勝ワイン ヌーボ赤2019」の瓶詰め作業が19日、町ブドウ・ブドウ酒研究所(安井美裕所長)の製造工場で行われた。3000本を製造し、28日に発売する。  後志...

釧路新聞社

谷口夫妻 林産で天皇杯【標茶】

谷口種苗農園(町開運8)取締役会長の谷口洋一郎さん(77)と同取締役の希(まれ)子(こ)さん(70)夫妻が、2019年度第58回農林水産祭天皇杯(林産)を受賞した。 天皇杯林産部門の受賞は道内...

小浜小の6年生7人 島の魅力、観光パンフ作成 はいむるぶしに贈呈 

 【小浜】小浜小中学校(漢那ひとみ校長)の小学6年生7人がこのほど、来島者に島の良さ・魅力を伝えようとパンフレットを作成、小浜港とリゾート施設「はいむるぶし」に贈呈し観光客への配布を依頼した。 ...

長野日報社

米俵ピラミッドお目見え 24日に飯島町米俵マラソン世界大会

長野県飯島町を舞台に米俵を担いで健脚を競う第7回「飯島町米俵マラソン世界大会」が24日に行われる。大会の成功に向けて機運を高めようと、主催する実行委員会の関係者らがメイン会場の町文化館玄関に米俵...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク