全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

「ルビーの里」赤ソバ見頃 駒ケ根のタカノ

赤ソバの花が見頃を迎えた「ルビーの里」。14日には「秋の赤そば・オーニング祭り」が開かれる

 駒ケ根市福岡にある金属加工業タカノ(本社宮田村)のエクステリア工場敷地内に整備された「ルビーの里」で、赤ソバ「高嶺ルビー」の花が見頃を迎えた。園内は薄紅色の花で鮮やかに彩られ、来場者の目を楽しませている。14日には一般を対象としたイベント「秋の赤そば・オーニング祭り」が開かれ、演奏会やコマ作り体験、工場見学などの催しもある。

 ルビーの里は同社製オーニング(日よけ)の常設展示場を兼ねた憩いの場として2015年7月にオープン。敷地内では同社が信州大学農学部と共同開発した高嶺ルビーをはじめ、四季を通じて花が植えられ一般に開放している。赤ソバは年2回植え付けており、今秋の花は8月上旬に種まき。その後、順調に生育し、今月に入って見頃を迎えた。

 併設の「ルビーカフェ」ではランチメニューを提供しており、散歩ついでに立ち寄る近隣住民も多いという。同社は「憩いの場として気軽に足を運んでほしい」とし、来場を呼び掛けている。水、木曜は定休。

 14日のイベントは午前10時~午後4時。エクステリアとオーニングの展示商談会を行うほか、コンサートやコマ作り体験、高嶺ルビーの手打ちそばの試食などがある。問い合わせはルビーの里(電話0265・81・1575)へ。

関連記事

夏休み 最後も笑顔 チームラボ帯広

 小・中学生にとって夏休み最後の週末を迎えた。体験型デジタルアート展「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地と、花と共に生きる動物達」(十勝毎日新聞創刊100年記念事業、実行委主催)を開催中の道立帯広...

長野日報社

柴舟担ぎ災厄払う 箕輪町で「おさんやり」

長野県箕輪町南小河内に古くから伝わる厄よけ行事で町無形民俗文化財「おさんやり」(同区盆祭実行委員会主催)が16日夜、同区内で行われた。全長約10メートルの巨大な柴舟が巡行し、地域の災厄を払う伝...

長野日報社

令和に咲く煌めきの華 諏訪湖祭湖上花火大会

第71回諏訪湖祭湖上花火大会(諏訪湖祭実行委員会主催)は15日夜、長野県諏訪市の諏訪湖で開いた。接近する台風10号の影響が心配されたが、ほとんど雨は降らず、水上スターマインやナイヤガラなど予定...

輝き七色 夜空の美 勝毎花火 十勝

 十勝の夏を彩る一大イベント「第69回勝毎花火大会」(十勝毎日新聞社主催)が13日午後7時半から、帯広市内の十勝川河川敷特設会場で開かれた。夜空一面に広がった大輪が会場を埋めた観客のため息を誘っ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク