全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

酒田でオーラルフィジシャン・チームミーティング

歯科医療従事者らが会場を埋めたオーラルフィジシャン・チームミーティング=7日午前

 入れ歯に頼ることなく生涯にわたって自分の歯で過ごせるよう、口の中の健康を守ることを目的にしている全国の歯科医療従事者が一堂に会する「オーラルフィジシャン・チームミーティング」が7日、酒田市の希望ホールで開幕。国内外から招いた講師の講演などを通して8日(日)までの2日間、全国各地から集まった従事者たちが歯科医療の目指すべき姿をあらためて考察する。

 オーラルフィジシャンは、虫歯や歯周病を発生させないよう、口腔(こうくう)の健康を総合的に管理する歯科医師のこと。このミーティングは、世界標準の歯科医療の構築と実践などを目的に、同市の日吉歯科診療所(熊谷崇院長)が開いている「オーラルフィジシャン育成セミナー」を修了した歯科医院スタッフが集まり、2006年から毎年この時期に開催。年々規模が拡大しており、今年は北海道から九州まで全国各地から従事者約800人が参加した。

 初日の7日午前は、丸山至酒田市長が「歯と口腔の健康維持に向けた先導的な役割を担っているのが熊谷先生。市では昨年、『歯と口腔の健康づくり推進条例』を制定しており、歯の健康日本一を目指している。地域の行政を巻き込み、これからも歯の健康を考えて活動を展開してください」と歓迎あいさつし幕開け。引き続き「歯科医療の未来―世界の歯科事情を通して」の主テーマで、タイ、英国、日本の歯科医療を取り巻く現状に関して識者7人が登壇した。

 このうち「KEEP28達成のための医と産業の新しい連携『ここで始めることが世界を変える』」と題し語った熊谷院長は、生涯にわたり全ての歯を守る「KEEP28」について「生涯にわたって口腔内の健康を維持するという『価値』を患者と共有しなければいけない」と話し、実現に向けた手段として▽専門医との連携▽科学的根拠に基づいた治療▽メンテナンス▽クラウドによる情報提供―を挙げた。

 さらに、提供した歯科医療のアウトカム(本質的な成果)の評価を検証することの大切さを説いた上で現在、口腔の健康状況を患者に広く情報提供するため電気大手・富士通と共に取り組んでいる「クラウドサービス」について語った。

 2日目は、13年に日経WOMAN「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」を受賞した資生堂顧問の関根近子さん(酒田ふるさと観光大使)、ANA総合研究所代表取締役副社長の河本宏子さんの講演、「口腔と全身の関係」と題した3つの講話などが行われる。

関連記事

荘内日報社

酒田産日本酒が初めて中国・唐山市へ

 酒田市の友好都市である中国河北省唐山市に酒田産の日本酒が初めて輸出されることになり18日、輸出記念式典が輸出元である同市黒森の酒蔵「菊勇」(佐藤剛宏社長)で行われ、関係者がさらなる県産品の輸出拡大...

紀伊民報社

小規模修繕は自前で 南紀白浜エアポート

 南紀白浜エアポートは、運営する南紀白浜空港(和歌山県白浜町)内の滑走路や外周道路の小規模な損壊はできるだけ自分たちで修繕するようにしている。業者に頼むより費用を大幅に抑えられ、緊急時でも対応で...

被災地を笑顔に 「仮設の歌姫」奥野さんが復興応援ライブ-厚真

 全国の被災地で歌を届ける活動を展開し、「仮設の歌姫」として知られる大阪府出身の歌手・奥野ひかるさんが17日、厚真町表町公園仮設住宅で胆振東部地震で被災した町民を元気づける復興応援ライブを開いた...

出光道製油所構内、緑地整備に最高位 一般開放や地域交流も評価-都市緑化機..

 苫小牧市真砂町の出光興産北海道製油所は構内の緑地整備が評価され、公益財団法人都市緑化機構(東京)から全5段階の認定制度「社会・環境貢献緑地評価システム(シージェス)」で最高位を取得した。担当者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク