全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

ラオスから青年研修一行 庄内町などで中小企業振興学ぶ

研修を行うラオスの若手行政官らが表敬訪問し、原田町長に記念品を贈った

 国際協力機構(JICA)の青年研修プログラムで庄内町を訪れているラオス人民民主共和国の青年行政官らが5日、庄内町役場を表敬訪問し、原田眞樹町長と懇談した。一行は5―17日の日程で庄内町における農業と農産物加工・販売などについて学ぶ。

 庄内町国際交流協会(渡會晃会長)がプログラムを作成し、研修を受け入れている。ラオスの若手行政官らが訪れるのは今回で5年目。

 今年は20―30代の若手行政官10人が参加し、「中小企業振興」をテーマに農業と農産物加工・販売業、観光産業などを中心とした研修を行う。庄内町を中心に庄内地域各所を訪れ、マルハチやハナブサ醤油、クラッセ、6次産業化施設などを見学するほか、東北公益文科大大学院でアジアビジネスコースを受講する学生と交流する。

 表敬訪問では、原田町長が「私がラオスを訪問した時に心優しく迎えてくれたことを覚えている。研修を通して日本とラオスの関係がより良いものになることを祈る」とあいさつ。研修員代表のラオス産業商業省のスラマニー・ニランラットさん(30)は「中小企業振興について見学できるのを楽しみにしている。できるだけ多くのことを学び、国に帰ってそれぞれの職場で生かしたい」と話していた。

関連記事

長野日報社

特産かりんのシロップ漬け 出荷に向け手際よく作業 長野県諏訪市の原田商店

食品製造販売の原田商店(諏訪市湖南、原田俊社長)は、同市の諏訪湖ヨットハーバー近くの「かりん並木」で収穫された地元特産のかりん(マルメロ)を使う「かりんシロップ漬け」の製造を始めた。12月1日...

紀伊民報社

仏手柑収穫シーズン

 和歌山県田辺市内で、正月飾りや生け花などに使われる希少なかんきつ類、仏手柑(ぶっしゅかん)の収穫が始まった。  インド原産。形が仏の手のように見えることから、この名前が付いたといわれる。果肉は...

荘内日報社

出羽三山神社「松例祭」に備え 掛け声合わせ「厄綱」の綱打ち作業 コロナ収束..

 出羽三山神社の松例祭で使われる「厄綱」の綱打ち作業が28日、鶴岡市羽黒町荒川の農業・加藤忠志さん(74)方で行われた。地区の男性が「追い廻し」と呼ばれる太い綱を仕上げ同神社に奉納した。  例...

「とまチョップバス」市内中高生が側面にイラスト、道南バスが1日から期間限..

苫小牧の中学校と高校計5校は27、28の両日、道南バス(室蘭市)が苫小牧市内で走らせる路線バス1台の側面に市の公式キャラクター「とまチョップ」を描いた。バスは12月1日から25日まで期間限定運行す...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク