全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

春の始まり縁起酒で祝う 「立春朝搾り」加藤嘉八郎酒造出荷

 立春の4日、未明にかけて搾りおはらいを受けた縁起酒をその日のうちに客に届ける「立春朝搾り」が、鶴岡市大山三丁目の加藤嘉八郎酒造(加藤有造代表取締役)で行われた。

 搾りたての生原酒をその日に味わい、春の始まりを祝う立春行事。全国の蔵元約120社と酒販店約1700店でつくる「日本名門酒会」が1998年から毎年行っている。25回目の今年は、35都道府県の計43蔵元が参加した。

 今年で17年目の参加となる加藤嘉八郎酒造では、精米歩合50%の山形県産の酒造好適米「出羽燦々(さんさん)」を麹米と掛け米に使用し、純米吟醸無濾過(ろか)生原酒に仕上げた。関係者によると、今年は醪(もろみ)期間中の気温が安定して低く、よりきめ細やかな味わいと香りが生まれた。出荷本数は720ミリリットル(4合)が6132本、1800ミリリットル(1升)が1736本。新型コロナウイルスの影響で減少した昨年に比べて、回復傾向にあるという。

新酒の箱詰め作業に追われる従業員=4日午前6時半ごろ、加藤嘉八郎酒造

 3日夜から4日の朝方にかけて、同社の従業員約40人が酒搾りと箱詰め作業に追われた。その後、荘内神社の石原純一宮司によって神事が行われ、箱詰めされた新酒に無病息災や商売繁盛、疫病退散などを祈願。酒販店がトラックの荷台に次々と縁起酒を載せ、全国に出荷された。

関連記事

忘勿石之碑 慰霊祭の継承が課題 「語り部育成し記憶つなぐ」

 戦争体験者が年々減る中、竹富町内でも戦後生まれの町民が全体の9割を占めている。戦争マラリアの記憶を次世代にどう継承していくかが課題となっており、忘勿石之碑慰霊祭の開催もそのひとつだ。  慰霊...

長野日報社

岡谷市土石流災害から1年 知人や地元住民が献花 長野県

昨年8月、大雨により母子3人が犠牲となった長野県の岡谷市川岸東の土砂災害から15日で1年が経過した。この日、母子がいた住宅の跡地には、朝から被害者の知人や地元住民らが訪れ、花を手向けたり手を合...

豊川海軍工廠跡地で学ぶ平和行政

新規採用の市職員  豊川市は8日と10日、今年度採用した職員に対し、豊川海軍工廠(こうしょう)平和公園で、平和行政の学習をした。今年度から採り入れた新しいテーマ。  77年前の8月7日に市内で実際...

核の恐さ被爆体験で訴え 広島の八幡さん 苫小牧市非核平和都市条例施行20周..

1945年8月、広島市己斐本町(現・西区)の自宅で被爆した八幡照子さん(85)=広島県府中町=による被爆体験証言会が13日、苫小牧市文化交流センターで開かれた。市と広島市の主催で、70人が来場。原...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク