全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

三河日置流雪荷派が日本の弓文化を披露

具足弓の型を披露する渡邉さん(右)と牧野さん=豊川市役所で

 13日から4日間、韓国・イエチェン市で開かれる「イエチェンワールドアーチェリーフェスティバル2017」に日本代表として参加する豊川市の団体「三河日置流雪荷派(みかわへきりゅうせっかは)」の市内在住の渡邉二朗さん(65)=飲食店経営=と牧野陽太さん(24)=会社員=が5日、市役所で山脇実市長に熱意を語った。  毎回24万人が来場する大会にはアジアや欧州、北米や南米など20カ国から団体が参加し、それぞれの弓文化を披露する。競技で腕前を競うことはせず、弓を使ったデモンストレーションや街頭パレード、学校訪問などを予定。渡邉さんは日本文化を紹介する講演の講師も務める。  大会は世界の弓文化をユネスコ文化遺産に登録するための開催意義もあり、渡邉さんたちは戦国時代の侍さながらの衣装で、具足弓という弓を引く型を披露し、大会への意気込みを表現した。  牛久保八幡社で朝稽古を積み、祭事で神事を執り行う同派は、山本良輔さん(80)を師範に県内外の門徒16人で構成。室町時代に創始され、全国的に広まった同派は明治に侍がいなくなったことで減り、豊川市に唯一残る。伝統を生かした観光振興への貢献を評価され、伊奈史跡保存会の河合正昭さんの推薦で大会参加が決まった。  2年前の前回大会にも一人で参加した渡邉さんは「我々は絶滅危惧種だから、若い人にも広まって頑張ってくれる機会になれば」。後継者として期待される牧野さんは「中学から弓を始めて10年だが、三河の文化に携わりたい思いで入門した。日本の弓の優れた部分を伝えたい」と話した。

関連記事

ほくほく秋の恵み 大ぶりメークイン 大正まつり

 秋分の日の23日、帯広の代表的な収穫祭「メークインまつり」(JA帯広大正主催)が、帯広市大正町ふれあい広場で開かれた。あいにくの雨にもかかわらず、ジャガイモの詰め放題を目当てに大勢の来場客で...

長野日報社

能舞台で聴衆魅了 辰野で初の「音楽祭」多彩に

 長野県上伊那郡辰野町と住民が協働で展開する「日本のど真ん中」PRプロジェクトのイベント「能舞台de(で)音楽祭」は22日、同町川島のかやぶきの館の能舞台で開いた。プロの音楽家や地元中学生らが...

餃子づくりで日中親睦

 豊橋地区日中友好協会(鈴木道夫会長)は22日、「中国人留学生と餃子(ぎょうざ)を作る会」を豊橋市本郷地区市民館で開き、日中両国の友好を互いに深め合った。  同協会が毎年実施する恒例の友好事業...

紀伊民報社

集結!クジラ好き芸術家

 和歌山県太地町立くじらの博物館で21日、イルカやクジラを題材とした作品を手掛ける20組の「クジラ好きアーティスト」が全国各地から集まった作品展が始まった。「くじらまみれ」と題した催しで、アーテ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク