全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

三河日置流雪荷派が日本の弓文化を披露

具足弓の型を披露する渡邉さん(右)と牧野さん=豊川市役所で

 13日から4日間、韓国・イエチェン市で開かれる「イエチェンワールドアーチェリーフェスティバル2017」に日本代表として参加する豊川市の団体「三河日置流雪荷派(みかわへきりゅうせっかは)」の市内在住の渡邉二朗さん(65)=飲食店経営=と牧野陽太さん(24)=会社員=が5日、市役所で山脇実市長に熱意を語った。  毎回24万人が来場する大会にはアジアや欧州、北米や南米など20カ国から団体が参加し、それぞれの弓文化を披露する。競技で腕前を競うことはせず、弓を使ったデモンストレーションや街頭パレード、学校訪問などを予定。渡邉さんは日本文化を紹介する講演の講師も務める。  大会は世界の弓文化をユネスコ文化遺産に登録するための開催意義もあり、渡邉さんたちは戦国時代の侍さながらの衣装で、具足弓という弓を引く型を披露し、大会への意気込みを表現した。  牛久保八幡社で朝稽古を積み、祭事で神事を執り行う同派は、山本良輔さん(80)を師範に県内外の門徒16人で構成。室町時代に創始され、全国的に広まった同派は明治に侍がいなくなったことで減り、豊川市に唯一残る。伝統を生かした観光振興への貢献を評価され、伊奈史跡保存会の河合正昭さんの推薦で大会参加が決まった。  2年前の前回大会にも一人で参加した渡邉さんは「我々は絶滅危惧種だから、若い人にも広まって頑張ってくれる機会になれば」。後継者として期待される牧野さんは「中学から弓を始めて10年だが、三河の文化に携わりたい思いで入門した。日本の弓の優れた部分を伝えたい」と話した。

関連記事

長野日報社

特産かりんのシロップ漬け 出荷に向け手際よく作業 長野県諏訪市の原田商店

食品製造販売の原田商店(諏訪市湖南、原田俊社長)は、同市の諏訪湖ヨットハーバー近くの「かりん並木」で収穫された地元特産のかりん(マルメロ)を使う「かりんシロップ漬け」の製造を始めた。12月1日...

紀伊民報社

仏手柑収穫シーズン

 和歌山県田辺市内で、正月飾りや生け花などに使われる希少なかんきつ類、仏手柑(ぶっしゅかん)の収穫が始まった。  インド原産。形が仏の手のように見えることから、この名前が付いたといわれる。果肉は...

荘内日報社

出羽三山神社「松例祭」に備え 掛け声合わせ「厄綱」の綱打ち作業 コロナ収束..

 出羽三山神社の松例祭で使われる「厄綱」の綱打ち作業が28日、鶴岡市羽黒町荒川の農業・加藤忠志さん(74)方で行われた。地区の男性が「追い廻し」と呼ばれる太い綱を仕上げ同神社に奉納した。  例...

「とまチョップバス」市内中高生が側面にイラスト、道南バスが1日から期間限..

苫小牧の中学校と高校計5校は27、28の両日、道南バス(室蘭市)が苫小牧市内で走らせる路線バス1台の側面に市の公式キャラクター「とまチョップ」を描いた。バスは12月1日から25日まで期間限定運行す...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク