全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

若き経営者の会が献血協力

来店客に献血への協力を呼び掛ける会員(ゆめタウン宇部で)

 若き経営者の会(原洋司会長)主催の献血イベントが30日、ゆめタウン宇部で開かれた。不足している輸血用血液を安定確保するため、県赤十字血液センターと連携して実施。会員6人が参加し、来店客に理解と協力を呼び掛けた。     新型コロナの感染急拡大により、イベント中止や移動採血車(献血バス)の受け入れを自粛する企業が相次ぎ、献血への協力者が減って深刻な状況が続く。     同会企画文化部の山本大輔部長らが、のぼり旗を手に店舗入り口に立ち「協力をお願いします」とマスク越しに訴えた。通常はティッシュ、風船などを手渡すが、感染防止の観点から同センターに粗品を託し、受け付けを済ませた人にプレゼントする形に変更した。     この日は70人分(400ミリリットル献血)の血液確保を目標に行い、84人分の採血を達成。山本部長は「コンスタントに協力してくださる方もいて大変ありがたい。来年度も活動を継続していければ」と話した。     同センターによると、1月中に県内で予定していた献血バスの派遣は80会場中、500人分相当の13会場がキャンセルに。献血をもとに造られる血液製剤は国内自給が原則とされ、有効期間が採血から4日のものもある。1人当たりの献血の回数と量には制限があり、幅広い協力が不可欠。県内では1日約150人分の血液の確保に取り組んでおり、現時点ではA型とB型が不足気味となっている。

関連記事

宇部日報社

市長賞に花園自治会、春の花壇コンクール、特別賞や最優秀賞決まる【宇部】

 宇部市春の花壇コンクールの受賞団体が決まり、最高賞の市長賞には東岐波の国道190号沿いの花壇を彩った花園自治会(伊藤昌洋会長)が輝いた。市、市ガーデンシティ緑化運動推進委員会(会長・篠﨑圭二市...

紀伊民報社

南高梅が不作 平年の3割弱 梅の着果調査

 JAや日高振興局などでつくる「日高果樹技術者協議会」は19日、和歌山県の御坊・日高の4市町で実施した本年産南高梅の着果調査結果を発表した。主産地であるみなべ町と印南町の着果数は、過去10年平均...

苫小牧市ロゴマーク制定記念 22日に切手シート発売

日本郵便北海道支社は22日から、苫小牧市のロゴマーク制定を記念したオリジナルフレーム切手の販売を始める。84円切手10枚から成るシートで1枚は市のロゴマーク、残り9枚はとまチョップが樽前山山頂に登...

荘内日報社

龍神様とご縁を結ぶ 善寳寺 「辰歳御縁年記念企画」始まる

 鶴岡市下川の龍澤山善寳寺で12年に1度の「辰歳(たつどし)御縁年記念企画」が始まった。本堂で祈祷を受けた後、奥の院・龍王殿を拝観し「龍神様」とご縁を結ぶ。このほか国の重要文化財に指定されている絵画「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク