全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

大島は総合11位 姶良が2年ぶり優勝 県女子駅伝

スタートする大島の榮まひる(中央)ら1区の選手たち=30日、霧島市隼人運動場

 第35回鹿児島県地区対抗女子駅伝競走大会(県、県教育委員会、MBC南日本放送主催)は30日、霧島市の隼人運動場を発着点に6区間21・0975キロであった。大島は1時間19分49秒のタイムで11位。昨年の9位から二つ順位を落とした。レースは、姶良が最終6区で出水をかわし、2年ぶりの優勝を飾った。

 午前10時スタート。新型コロナウイルス感染対策の観点から、主催者は昨年に続き今年も沿道での観戦を控えるよう呼び掛けた。

 大島は1区・榮まひる(鹿児島高3年、古仁屋中出身)、2区・要田悠那(大島高3年)、3区・要田光春(赤徳中2年)、4区・平安珠(鹿児島純心女子大4年、和泊中出身)、5区・上原千怜(芦花部小中教諭)、6区・大川菜々子(ジェイズ・パートナー、赤木名中出身)が出走し、たすきをつないだ。

 「Cクラス優勝、Bクラス復帰」を目標に掲げて臨んだ大島は、序盤11位と出遅れ、3区要田が区間7位の力走を見せたものの、順位を上げることができなかった。

 大島の備秀朗監督(60)は「駅伝の厳しさを学び、悔しさが残る大会になった。コロナ禍で合同練習がここ2年できていないつけが出た。ただ、選手たちはよく頑張った」と振り返り、「多くの課題を見つけることができたのは収穫。他の地区に対抗できるエースを育てるなど強化を図り、来年こそは結果を残したい」と前を向いた。

関連記事

宇部日報社

市長賞に花園自治会、春の花壇コンクール、特別賞や最優秀賞決まる【宇部】

 宇部市春の花壇コンクールの受賞団体が決まり、最高賞の市長賞には東岐波の国道190号沿いの花壇を彩った花園自治会(伊藤昌洋会長)が輝いた。市、市ガーデンシティ緑化運動推進委員会(会長・篠﨑圭二市...

紀伊民報社

南高梅が不作 平年の3割弱 梅の着果調査

 JAや日高振興局などでつくる「日高果樹技術者協議会」は19日、和歌山県の御坊・日高の4市町で実施した本年産南高梅の着果調査結果を発表した。主産地であるみなべ町と印南町の着果数は、過去10年平均...

苫小牧市ロゴマーク制定記念 22日に切手シート発売

日本郵便北海道支社は22日から、苫小牧市のロゴマーク制定を記念したオリジナルフレーム切手の販売を始める。84円切手10枚から成るシートで1枚は市のロゴマーク、残り9枚はとまチョップが樽前山山頂に登...

荘内日報社

龍神様とご縁を結ぶ 善寳寺 「辰歳御縁年記念企画」始まる

 鶴岡市下川の龍澤山善寳寺で12年に1度の「辰歳(たつどし)御縁年記念企画」が始まった。本堂で祈祷を受けた後、奥の院・龍王殿を拝観し「龍神様」とご縁を結ぶ。このほか国の重要文化財に指定されている絵画「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク