全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

感動と興奮、生徒目線で 大島高新聞部が野球部特集号発行

大高ジャーナル第11号を発行した大島高校新聞部=27日、奄美市名瀬の同校

 鹿児島県立大島高校の新聞部(池之上博秋顧問、部員10人)は同校野球部のセンバツ出場決定を前に27日、「大高ジャーナル」第11号を発行した。野球部の九州大会準優勝を特集し、現地で見た熱戦や奄美から応援した大高生、地域住民の感動と興奮を生徒目線で伝えている。

 当初は昨年中の発行予定だったが、野球部の快進撃を受け、大幅に紙面構想を変更。A3判6ページの半分に野球部関連の話題を盛り込んだ。池之上顧問は「どうにかセンバツ出場校発表に間に合った。反響は大きく、1500部刷ったが足りなさそう」と息をつく。

 「興奮のあまりペンが止まらなくて大変だった」と話すのは新聞部で唯一、野球経験がある赤井洸太さん(1年)。諦めない精神を表す奄美方言「すっとごれ」を原稿に使い、粘り強く勝ち進む野球部をたたえた。

 赤井さんとともに九州大会準々決勝の興南戦を現地で取材した伊藤凜さん(2年)は「球場の熱気が読者に伝わるよう、着目する場面や載せる写真にこだわった」と振り返った。

 現地のリポート記事以外でも野球部を取り上げた。野﨑瞬さん(2年)は論説で、苦難を乗り越えた野球部の努力に言及。関佳世さん(1年)はインタビューで、大野稼頭央投手(2年)のマウンド上とは違った一面を引き出した。

 野球経験のない部員がほとんどで、基礎知識から学び直した今回の特集。畠山葉生部長(2年)は「記者として成長できる良い経験にもなった」と語った。

 大高ジャーナルは、同校公式「大高ブログ」でも公開されている。

関連記事

宇部日報社

市長賞に花園自治会、春の花壇コンクール、特別賞や最優秀賞決まる【宇部】

 宇部市春の花壇コンクールの受賞団体が決まり、最高賞の市長賞には東岐波の国道190号沿いの花壇を彩った花園自治会(伊藤昌洋会長)が輝いた。市、市ガーデンシティ緑化運動推進委員会(会長・篠﨑圭二市...

紀伊民報社

南高梅が不作 平年の3割弱 梅の着果調査

 JAや日高振興局などでつくる「日高果樹技術者協議会」は19日、和歌山県の御坊・日高の4市町で実施した本年産南高梅の着果調査結果を発表した。主産地であるみなべ町と印南町の着果数は、過去10年平均...

苫小牧市ロゴマーク制定記念 22日に切手シート発売

日本郵便北海道支社は22日から、苫小牧市のロゴマーク制定を記念したオリジナルフレーム切手の販売を始める。84円切手10枚から成るシートで1枚は市のロゴマーク、残り9枚はとまチョップが樽前山山頂に登...

荘内日報社

龍神様とご縁を結ぶ 善寳寺 「辰歳御縁年記念企画」始まる

 鶴岡市下川の龍澤山善寳寺で12年に1度の「辰歳(たつどし)御縁年記念企画」が始まった。本堂で祈祷を受けた後、奥の院・龍王殿を拝観し「龍神様」とご縁を結ぶ。このほか国の重要文化財に指定されている絵画「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク