全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

鶴岡北高音楽部 全国“ダブル出場”

全日本合唱コンクールなど全国大会への“ダブル出場”を決め、今月の本番に向けて練習に励む鶴北高音楽部のメンバー

 鶴岡北高音楽部(佐藤亜美部長、部員42人)が、第70回全日本合唱コンクール全国大会(全日本合唱連盟など主催)と、第84回NHK全国学校音楽コンクール(全日本音楽教育研究会など主催)への“ダブル出場”を決め、今月の全国の舞台に向けて練習に励んでいる。昨年はNコンで県勢として36年ぶりに日本一に輝いた同部のさらなる飛躍。佐藤部長は「北高らしい演奏で全国一を目指したい」と話している。

 全日本合唱コンクールの東北支部大会は9月29日に福島県の郡山市民文化センターで行われ、県代表4校のうち鶴岡北が金賞を受賞し、全国への切符をつかんだ。全国コンクールへの出場は8年ぶり2回目。一方、Nコンの東北ブロックコンクールは同10日に宮城県の名取市文化会館で行われ、金賞の鶴岡北が3年連続の全国出場を決めた。

 昨年のNコンで日本一に輝いた同部。本年度は1年時からNコンで全国の舞台に出場している3年生12人、2年生15人、1年生15人で構成。全日本コンクールの自由曲では島崎藤村の詩「おくめ」の無伴奏合唱曲を、Nコンの自由曲では「なにかが雁の群れに」と、いずれのコンクールも課題曲、自由曲の計4曲の異なった曲想の曲を練習。佐藤部長によると、歌詞の解釈を部員それぞれが理解を深め、伝える、演じる歌を創り上げてきたという。

 通算で28年にわたり同部を指導してきた顧問の百瀬敦子教諭はダブル出場の快挙を「代々の先輩たちの積み重ねが実を結んだ」とし、今年のメンバーについては「響きがまとまりやすく、柔らかい歌声で叙情的な表現ができる」と評する。

 間近に迫った全国の舞台に向けて、朝7時半からの朝練、昼食時間の昼も30分、夕方からの部活動と練習は1日3回に及ぶ。佐藤部長は「(ダブル出場は)念願かなった気持ち。部員がまとまっていない時期もあったが、ミーティングを重ねいい雰囲気。全国に行くからには、女声合唱の鶴北らしい人の心に届く演奏をして全国一を目指したい」と話している。

 今月7日(土)に東京・NHKホールでNコン、全日本合唱コンクールは28日(土)に大阪・フェスティバルホールでそれぞれ全国大会が開かれる。

関連記事

38年間の植物研究

瀧崎さんが「~東三河~野の花たちの歳時記」出版  豊橋市立東部中学校教諭、瀧崎吉伸さん(61)が、38年余にわたる植物研究の成果を分かりやすくまとめた「~東三河~野の花たちの歳時記(ダイアリー...

紀伊民報社

飲酒運転を取り締まり 夏の交通安全運動

 わかやま夏の交通安全運動が11日、始まった。20日までの期間中、飲酒運転の根絶や横断歩道での歩行者優先などを重点に、県内各地で啓発活動が実施される。田辺署は運動に先立ち、飲酒運転の撲滅に向けて...

荘内日報社

鶴工高創立100周年記念 シルクプロジェクト 前身・染織学校に思い馳せ歴史と..

 鶴岡市の鶴岡工業高校(百瀨克浩校長)で10日、「鶴工シルクプロジェクト」のキックオフイベントが行われた。創立100周年を記念し、山形大国際事業化研究センター(小野寺忠司センター長)と連携した起業家育成...

釧路新聞社

羅臼高校、5年ぶり勝利を【羅臼】

   2020年度夏季北海道高校野球大会釧根支部大会(17日、釧路市民球場)に羅臼高校が秋季に続き単独で出場する。夏季大会出場は5年ぶり。昨年の秋季大会では初戦で釧工業に1ー11と大敗したが、今回...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク