全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

大高センバツ決定 生徒や保護者、OBら祝福

一斉に帽子を投げ上げる大島高校野球部員たち=28日、奄美市名瀬の同校

 鹿児島県立大島高校野球部のセンバツ出場決定が伝えられた28日午後、同校は歓喜と祝福のムードに包まれた。野球部員を取り囲む報道陣、見守る保護者やOB、新聞社の号外を求める教職員や生徒ら│。桜の木もほころび始める中庭を中心に、喜びの笑顔が咲き乱れた。

 同日午後1時を過ぎると、県内外の各新聞社やテレビ局などから、報道関係者数十人が続々と来校。放課後にセンバツ出場の可否が発表されることを、事前に校内放送で伝えられていたこともあり、掃除中や授業中の生徒らも落ち着かない様子だった。

大島高校野球部の記念撮影を行う報道各社=28日、奄美市名瀬の同校

 午後4時前、センバツ出場決定がインターネットのライブ配信などから伝わると、校内各所が歓喜に沸き、新聞社は号外を配り始めた。吉報を待ち望んでいた関係者のほか、放課後で部活動中の生徒たちも中庭に飛び出し、号外を受け取りながら喜び合った。

 帰宅後にセンバツ出場決定を知り、再出校した同校1年の増本隆太郎さん(16)は「同級生が甲子園球場に立つ。今からわくわくする」と笑顔。一緒にいた姉で同校2年の加那美さん(17)も「甲子園でも大高らしく、楽しんで躍動してほしい」と期待した。

 九州大会準々決勝、興南戦を現地で応援した吹奏楽、ダンス各部は発表当時、練習の真っ只中。ダンス部長の2年、政村李玖さん(17)は「野球部の努力が実を結んだ。本当にすごい。球場で応援できることを願い、日々の練習に励みたい」と目を輝かせた。

 「コロナ禍で応援に行けるか分からないが、部員の士気は高まっている」と話すのは吹奏楽部長の2年、田川海空さん(17)。すでに野球部側から新たな演奏曲の依頼も受けているといい「たとえ録音になったとしても、全力の音楽を届けたい」と力を込めた。

関連記事

宇部日報社

市長賞に花園自治会、春の花壇コンクール、特別賞や最優秀賞決まる【宇部】

 宇部市春の花壇コンクールの受賞団体が決まり、最高賞の市長賞には東岐波の国道190号沿いの花壇を彩った花園自治会(伊藤昌洋会長)が輝いた。市、市ガーデンシティ緑化運動推進委員会(会長・篠﨑圭二市...

紀伊民報社

南高梅が不作 平年の3割弱 梅の着果調査

 JAや日高振興局などでつくる「日高果樹技術者協議会」は19日、和歌山県の御坊・日高の4市町で実施した本年産南高梅の着果調査結果を発表した。主産地であるみなべ町と印南町の着果数は、過去10年平均...

苫小牧市ロゴマーク制定記念 22日に切手シート発売

日本郵便北海道支社は22日から、苫小牧市のロゴマーク制定を記念したオリジナルフレーム切手の販売を始める。84円切手10枚から成るシートで1枚は市のロゴマーク、残り9枚はとまチョップが樽前山山頂に登...

荘内日報社

龍神様とご縁を結ぶ 善寳寺 「辰歳御縁年記念企画」始まる

 鶴岡市下川の龍澤山善寳寺で12年に1度の「辰歳(たつどし)御縁年記念企画」が始まった。本堂で祈祷を受けた後、奥の院・龍王殿を拝観し「龍神様」とご縁を結ぶ。このほか国の重要文化財に指定されている絵画「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク