全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

精進へ決意 長野県下諏訪町木遣保存会が勢揃い式

距離を十分に取り、フェースシールドを着けて木やりを奉納した下諏訪町木遣保存会の役員

 長野県下諏訪町木遣保存会(古田和人会長)は30日、勢揃い式を諏訪大社下社秋宮で開いた。新型コロナウイルス感染症対策として役員12人のみが参加し、マスクやフェースシールドを着用して短時間で実施。4月に迫った諏訪大社式年造営御柱大祭(御柱祭)に向け、新調した「おんべ」で気持ち新たに、木やりに精進する決意を固めた。

 勢揃い式は御柱年に行う行事で、諏訪大社でおはらいを受けたおんべで本番に臨む士気を高める機会。通例なら会員全員や来賓ら100人近くが出席するが、今年は感染症対策のため規模を縮小した。大人用62本、子ども用16本を新調。式で、北島和孝宮司から古田会長におんべが授与された。大人用2本は同会から諏訪大社に奉納された。

 その後、役員は幣拝殿の前に距離を取って並び、新調したおんべを手に木やりを奉納した。

 古田会長はコロナ禍の難しい状況を踏まえた上で「親から子、子から孫へと木やり唄を伝承していかなくはいけない。木やりは”御柱祭の華”といわれる。その言葉に恥じぬよう、鍛えた喉を十分に発揮して自慢の木やり唄を氏子の皆さんに披露してほしい」とあいさつした。

 北島宮司は「皆さんの木やりの技と心を後の人に必ず引き継いでほしい。コロナの状況下だが、木遣保存会としてどういったご奉仕をしたかを形に残してほしい」と呼び掛けた。

関連記事

紀伊民報社

熊野本宮大社で合気道演武 植芝道場長の講習も

 和歌山県田辺市本宮町の世界遺産・熊野本宮大社の旧社地「大斎原(おおゆのはら)」で20、21日、「合気道国際奉納演武」があった。  同市出身で合気道の開祖・植芝盛平のひ孫に当たる合気道本部道場...

長野日報社

原村でじっくりボードゲームを 1日1組限定のリゾート

ボードゲームに没頭するリゾート施設「GAW(ガウ)」が、5月1日に原村原山にオープンする。都内の音楽制作会社が手掛ける新事業。アナログゲームマスターのあだちちひろさんが依頼者の思いに沿った最...

帯広信用金庫の防犯講座人気 詐欺事例、寸劇交え

 十勝管内でも特殊詐欺事件が相次ぐ中、帯広信用金庫(高橋常夫理事長)は、被害防止のための出前講座を続けている。具体的手口を寸劇を交えるなどして分かりやすく紹介、社会貢献事業として無料で行ってお...

荘内日報社

外国人観光客とおもてなし交流 酒田港 泉小児童 日本の遊び紹介

 外航クルーズ船「ウエステルダム」(オランダ船籍、8万2862総トン)の酒田港寄港に合わせ22日、酒田市の泉小学校の4年生42人が同港古湊埠頭(ふとう)に降り立った外国人観光客らに日本の遊びを紹介するなど交...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク