全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

松澤宥の功績一堂に 長野県下諏訪町の諏訪湖博物館で企画展

松澤宥さんの作品や関連資料を多数展示している諏訪湖博物館・赤彦記念館の特別展示室

 生涯、長野県下諏訪町を拠点に芸術活動をし、日本のコンセプチュアルアート(観念アート)に多大な影響を与えた故松澤宥さん(1922~2006年)の作品などを集めた企画展「松澤宥生誕100年祭│アートの歴史を変えた諏訪人」が29日、同町の諏訪湖博物館・赤彦記念館で開幕した。絵画や言語作品、関連資料、年表など多数を展示。松澤さんの生涯を振り返りつつ、美術界に残した功績を顕彰している。3月21日まで。

 松澤さんは早稲田大学在学中に詩作を始め、卒業後に美術の世界に転身。1964年に「オブジェを消せ」と啓示を受けたといい、以降観念芸術に没頭。コンセプチュアルアートの日本第一人者として独特のアプローチから新境地を切り開き、「消滅」をキーワードに、記された言葉やそれを読み上げる儀式自体を作品として発表した。

 企画展は、諏訪地方の信仰史、民俗学などを研究するスワニミズムの美術部を中心とした実行委員会(林聡一実行委員長)が企画。松澤さんの作品を管理する一般財団法人「松澤宥プサイ(ψ)の部屋」や県立美術館などの協力を得た。

 特別展示室では、松澤さんが若い頃に描いた絵画21点を中心に、言語作品やパフォーマンスの写真、作品に関連するさまざまな資料や遺物などを展示。長年公開されてこなかった貴重な品や初公開作品も多いという。

 このほか講堂には、作品が残されたままになっていたころの松澤さんの伝説のアトリエ「プサイの部屋」の写真を展示し、映像も上映。1階段ロビーには長さ20メートルにも及ぶ巨大文字作品「消滅の幟」(レプリカ)も掲げられている。

 同実行委は「20世紀の日本現代アートをけん引した一人で、一流アートを世界に発信し続けた偉大なアーティスト。ローカルかつグローバルに人生を全力で肯定的に生きた松澤さんに何かを学んでほしい」と話している。

 月曜休館。午前9時~午後5時。入館料大人350円。問い合わせは同館(電話0266・27・1627)へ。

関連記事

紀伊民報社

まるでヘルメット 梅畑にオニフスベ

 和歌山県田辺市上芳養、自営業榎本正也さん方の梅畑で、真っ白な球体のキノコ「オニフスベ」(ホコリタケ科)が三つ生えているのが見つかった。  榎本さんが6月29日、梅取り作業中に、梅の木の根元や畑...

荘内日報社

育てた小麦 初収穫 庄農ラーメン開発に活用 庄農高秋のデビュー目指す 加茂水..

 穀物の自給率について学んでいる鶴岡市の庄内農業高校の生徒が育てた小麦の初収穫が1日、同市羽黒町玉川にある学校農場で行われた。収穫した小麦は粉末にして同市の加茂水産高校の生徒と共同開発している「庄農...

とまチョップ水がモンドセレクション金賞 2回目の栄誉に喜び

苫小牧市が販売するペットボトル飲料水「とまチョップ水」が、国際的評価機関モンドセレクションで2022年度の金賞を受賞した。2019年度に続いて2回目。市は「苫小牧の水が国際的に評価を受けた」と喜ん...

牛受精卵 世界初ドローン配送 上士幌で実験スタート

 上士幌町とJA上士幌町(小椋茂敏組合長)、ドローン配送会社のNEXT DELIVERY(ネクストデリバリー、山梨県小管村、田路圭輔代表)が1日、牛の受精卵をドローンで配送する実証実験を始めた。年...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク