全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

アサギマダラ飛来、カメラマン喜ぶ

群舞するアサギマダラ(竜王山中腹で)

 秋の南下、春の北上を繰り返し「旅するチョウ」の愛称で親しまれているアサギマダラの第1陣が4日、竜王山に飛来。その数は約100匹で、餌のヒヨドリバナの蜜を求めて群舞する美しい姿が、訪れた人を魅了している。  アサギマダラをカメラに収めようと連日、竜王山中腹にあるヒヨドリバナの群生地に足を運んでいた地元のカメラ愛好家は「4日の午前に来た時は2、3匹が舞うぐらいだったが、昼からのぞいてみたら100匹ぐらいが飛び交っていた」と興奮気味に話した。この日はアサギマダラが最も好む気温24度前後と、好天にも恵まれ、盛んに蜜を吸う様子が見られた。アマチュアカメラマンが入れ代わり立ち代わり訪れ、群舞するチョウや花に止まって美しい羽を広げた姿に向かってシャッターを切っていた。

 竜王山をメーンフィールドに活動する自然観察指導員の嶋田紀和さん(大須恵)は「9月にちらほら確認していたが、これは初飛来とは定義していない。4日に第1陣がまとまって飛んできたが、初飛来が100匹というのは過去最多」と話した。アサギマダラは数日間、羽を休めた後、再び南下するため飛び立つが、第2陣、第3陣と次々に飛来する。嶋田さんは「これまでの統計から11月中旬まで飛来は続くが、個体数のピークは今月10日から15日ぐらいでは」と予測している。

関連記事

荘内日報社

7地域の味を地元出身者へ 来月上旬から「出羽ふるさと応援便」“出発” 出羽商..

 出羽商工会(本所・鶴岡市大山、上野隆一会長)は新型コロナウイルス対策で、管内7地域ごとの物産をセットにして送る「出羽ふるさと応援便」を来月上旬から実施する。地酒や漬物、お菓子、果物、海産物などを、...

幻想的アイヌの世界 屋外プロジェクション公開-白老・ウポポイ

 12日に開業する白老町のアイヌ文化発信拠点、民族共生象徴空間(ウポポイ)で9日、報道向けの内覧会が開かれた。夜間プログラムの屋外プロジェクションが初公開され、光輝く映像や音で迫力あるマッピング...

むかわ竜やホッピーの縫いぐるみをネット販売 CFで予約受け付け中-M D..

 むかわ地域商社「M Dino」(エムディノ、遠藤研二代表)は、穂別地区で発見されたハドロサウルス科の草食恐竜「カムイサウルス・ジャポニクス」(むかわ竜)をイメージした縫いぐるみを制作した。当面...

没後50年 新たな日勝像 11日開幕 鹿追

 鹿追ゆかりの画家神田日勝(1937~70年)の没後50年回顧展「大地への筆触」が11日、神田日勝記念美術館(町東町3)で開幕する。同時代の作家の画風を吸収しながら独自の表現方法を追求し続けた...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク