全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

インテリアに「石灯り」いかが 能代市の毛利石材工業

和紙を張った秋田杉を組み込んだ新しい「石灯り」と毛利洋平さん

 能代市明治町の石材加工業「毛利石材工業」(毛利淳一代表取締役)は、県産和紙を張った秋田杉の枠を火袋の部分に組み込んだ「石灯(あか)り」(照明器具)を開発した。玄関先やリビング、店舗内などのインテリアとして活用されることを想定。加工作業を担う毛利洋平専務(32)は「県内の職人の技を詰め込んだ『メイド・イン・アキタ』の製品。石材加工品に親しんでもらうきっかけになれば」と話している。
 同社は墓石や記念碑の加工・工事を手掛ける一方、日本を代表する石材加工品の産地で「石都」と呼ばれる愛知県岡崎市で4年間修業し6年前に帰能した洋平さんが、石を素材にした照明器具「石灯り」や花瓶などを手加工で作り、販売している。
 石灯りはこれまで、文字通り石だけを使って製造してきたが、「昨今のモノづくりが中国などの海外製が主流となっている中、少しでも『メイド・イン・ジャパン』、『メイド・イン・アキタ』の製品を作りたい」(洋平さん)との思いから、昨年夏ごろに県内加工品を使った石灯り製作を構想。火袋(明かりが入る部分)に組み込む木枠の製作は秋田杉製品を手掛ける能代市の「AAREA」(小林孝生代表)に依頼し、木枠に張る和紙は秋田市雄和に工房を構える和紙職人・高橋朋子さんがすく「出羽(いでは)和紙」を使用することにした。
 このほど完成した新しい石灯りは、従来よりも和の部分が強調され、こぼれる電球の明かりも和紙の持つ風合いと相まって一層柔らか。またくり抜く石の面積が大きくなる分、重量は軽くなり、持ち運びやすいという利点も生まれた。価格は5万円前後から。最少サイズは高さ約30㌢。注文はオーダーメードで、石の種類やデザイン、和紙の色柄などの組み合わせは自由。
 洋平さんは「木都能代の加工技術と希少な和紙職人の技、石都・岡崎で学んだ石材加工の技術をそれぞれ詰め込んだ製品が出来上がり、うれしい。自宅はもちろん、居酒屋や旅館などにも間接照明的に置いていただけると思う。今後も生活や暮らしに取り入れてもらえるような魅力的な石材加工品を送り出していけたら」と語った。
 店頭にはサンプル品(購入可)も並べている。問い合わせは同社(☎0185・52・5088)へ。

関連記事

紀伊民報社

椿温泉湯治体操が完成

 和歌山県白浜町椿にある旅館「しらさぎ」で20日、「椿温泉湯治体操」のお披露目会があった。体操を開発した健康運動指導士の寺田尊紀さん(44)=和歌山市=は「全世代の誰もができる、気持ちから元気に...

荘内日報社

「キッチンカー」人気!! 大型店やイベント出店依頼 コロナ禍 機動力ある販売..

 移動販売の「キッチンカー」が庄内で増えている。コロナ禍となった2020年から昨年までの2年間で新たに23台が庄内保健所に登録した。大型店からオファーを受けるケースのほか、市や町が主催するイベントに「来て...

「スロウ」直営店27日に開店 帯広のソーゴー印刷

 ソーゴー印刷(帯広市、高原淳社長)は27日、同社が発行する雑誌「ノーザンスタイルスタジオ・スロウ」で紹介してきた、管内外のこだわり商品などを集めた初の直営店「SLOW living(スロウリビン...

宇部日報社

たんぼラグビー、泥しぶきを上げてダッシュ 山口市

 第1回たんぼラグビーは21日、山口市吉敷佐畑1丁目の水田であり、小学生から大学生までの50人が全身泥だらけになりながらトライを目指した。2015年に京都府で発祥したとされるラグビーで、県内では...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク