全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

日本酒の雪中熟成開始 長野県の中ア千畳敷で

雪室に純米大吟醸「滲―Shin―」を運び込む中ア観光の従業員=ホテル千畳敷、26日午後

 「中央アルプス駒ケ岳ロープウェイ」を運行する中央アルプス観光(長野県駒ケ根市)は26日、山頂駅がある中ア千畳敷(標高2612メートル)で日本酒の雪中熟成を始めた。2017年のロープウエー開業50周年記念で商品化し6年目。氷点下10度以下になる天然の冷蔵庫「雪室」の中で3カ月貯蔵し、4月27日の開山式に合わせて掘り出し、販売する。

 雪中熟成酒は伊那市荒井の蔵元「宮島酒店」に依頼し、醸造したオリジナル純米大吟醸「滲―Shin―」。中アの伏流水がふんだんな同市横山で栽培された酒米「美山錦」を使っている。

 「遮光した低温の雪の中で寝かすことにより、ふわっとした甘みや華やかな香りがより際立つ」と同蔵元の宮島敏社長(59)。今季は減農薬で栽培する米のバランスも良好で、300リットル仕込んだ酒の出来栄えに胸を張る。

 粉雪が舞う極寒のこの日、中ア観光の従業員約15人で埋設作業。ホテル千畳敷の脇に設けた雪室に、ロープウエーで荷揚げした酒をケースごと運び込み、光を通さないようシートや雪をかぶせた。

 今季から中ア観光の日本酒担当に入社1年目の清水萌佳さん(23)が加わり、稲穂や中アの稜線と水などをイメージしたPR用のロゴを作成。清水さんは「中アを思い浮かべながら滲を味わってもらいたい。コロナ禍が落ち着いたらぜひ千畳敷に足を運んでもらえれば」と話した。

 500本限定販売で、価格は500ミリリットル入り3000円(税込み)。ホテル千畳敷やしらび平駅の売店で販売するほか、インターネットや電話で事前予約の受け付けを同日から始めた。50セット限定で今季から販売する「滲」と純米酒「辿‐SEN‐」の化粧箱セットは4500円で、ホテルとしらび平駅のみで取り扱う。問い合わせ、申し込みは中ア観光(電話0265・83・3107)へ。

関連記事

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

長野日報社

山ぶどうジュース販売 甘味強く濃密な味 信州大農学部

 信州大学農学部(長野県南箕輪村)による「山ぶどうジュース」の販売が21日、構内にある同学部生産品販売所で始まった。同大オリジナル品種「五一アムレンシス」を原料に使用。甘みが強く濃密でこくのある...

北羽新報社

ダンクシュートをパフェで表現 能代市の喫茶店がバスケメニュー発売

 能代市追分町の喫茶店「ORION─3」(藤嶋元店主)が、バスケットボールのダンクシュートをイメージした「ダンクパフェ」を発売した。ボールに見立てた鈴型のカステラやソフトクリームなどで、ダンクを勢...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク