全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

助け合って生活 豊丘地区の住民生活実態調査結果 高齢化で交通面に不安 旭川大学生が報告  厚真

旭川大学の学生は24日、厚真町豊丘地区の住民に実施した生活実態調査の報告会をオンラインで行った。保健福祉学部コミュニティ福祉学科の2年生30人が、農地継承や後期高齢者の現状などについて、画面越しに聞き取りした内容をそれぞれまとめ、発表した。地域コミュニティーに関しては、日ごろから近所の住民同士がコミュニケーションを取っているため、農作業や雪かきなど困ったときは互いに助け合って生活していると報告した。

オンラインを通して調査内容を報告する旭川大の学生

 同学科の授業「コミュニティ調査実習」の一環。昨年8月17~20日の期間、オンラインを活用して豊丘地区の住民30世帯に聞き取り調査を行い、分析した。

 報告会は、新型コロナウイルス感染症が道内で広がっている影響を考慮し、大学や学生の自宅、豊丘マナビィハウスをオンラインでつないで開催。同地区の住民ら6人が会場に足を運んだほか、町役場職員がオンラインで参加した。

 学生たちは、農地の継承や地域のコミュニティーネットワーク、公共交通の利用実態について発表。農地継承では、後継者不足や不在が懸念される中で、任意団体の仲介や町の手厚い支援により、移住者や新規就農者が空いた土地のスムーズな再利用につながっていると分析した。

 また、平時からの地域間のつながりや結束力が、胆振東部地震発災直後の細やかな連携や後期高齢者の生きがい、住み続けたいまちにもつながっていることも取り上げた。公共交通の利用については、現時点ではデマンドバスの利用者が少ないものの、高齢化に伴う運転免許返納後を不安視する住民の声を紹介した。

 同自治会の山路秀丘さん(67)は「この2年間、コロナの影響で顔を合わせてのつながりが見えにくいところがあるが、都市部に住む若い学生が客観的にわれわれを評価してくれることは自信になる。さらにいい意味で豊丘を発展させるようなつながりができれば」と謝辞を述べた。

 一方で、歴史的な視点からの見解を求める声も寄せられ、同学科の嶋崎東子准教授は「昔からある背景や土壌が今に生かされていると感じるが、まだ調査し切れていない。今後、その部分も実感できる機会を(厚真町を)訪問して、調査できたら」と話していた。

関連記事

紀伊民報社

椿温泉湯治体操が完成

 和歌山県白浜町椿にある旅館「しらさぎ」で20日、「椿温泉湯治体操」のお披露目会があった。体操を開発した健康運動指導士の寺田尊紀さん(44)=和歌山市=は「全世代の誰もができる、気持ちから元気に...

荘内日報社

「キッチンカー」人気!! 大型店やイベント出店依頼 コロナ禍 機動力ある販売..

 移動販売の「キッチンカー」が庄内で増えている。コロナ禍となった2020年から昨年までの2年間で新たに23台が庄内保健所に登録した。大型店からオファーを受けるケースのほか、市や町が主催するイベントに「来て...

「スロウ」直営店27日に開店 帯広のソーゴー印刷

 ソーゴー印刷(帯広市、高原淳社長)は27日、同社が発行する雑誌「ノーザンスタイルスタジオ・スロウ」で紹介してきた、管内外のこだわり商品などを集めた初の直営店「SLOW living(スロウリビン...

宇部日報社

たんぼラグビー、泥しぶきを上げてダッシュ 山口市

 第1回たんぼラグビーは21日、山口市吉敷佐畑1丁目の水田であり、小学生から大学生までの50人が全身泥だらけになりながらトライを目指した。2015年に京都府で発祥したとされるラグビーで、県内では...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク