全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

諏訪中央病院の玉井医師 茅野市HPに「オミクロン編」コロナ説明書 長野県

茅野市ホームページに掲載されている「新型コロナウイルス感染をのりこえるための説明書(オミクロン株編)」

長野県茅野市は新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の特徴などをまとめた「新型コロナウイルス感染をのりこえるための説明書(オミクロン株編)」を市ホームページ(HP)に掲載している。諏訪中央病院(同市)総合診療科の玉井道裕医師(36)が手書きのイラストを添えて分かりやすく説明。諏訪地域でもコロナ感染者が増えており、玉井医師は「適切な感染対策と正しい知識で対応してほしい」と呼び掛けている。

説明書は「オミクロンの感染力」「オミクロンとワクチン3回目」など18項目にまとめられている。感染者の急拡大で濃厚接触者を含め仕事を休まざるを得ない人が続出すると、社会活動に影響することが課題と強調。オミクロン株の感染力について「ワクチン接種済み(2~3回)の人にとってデルタ株より2・7~3・7倍強い」。感染経路のほとんどは飛沫感染か、浮遊する粒子状物質「エアロゾル」感染だとし、引き続きマスク着用や手洗いなど基本対策が重要で、エアロゾル対策として換気が有効―としている。

現在は家庭内感染が多いとみられると指摘。「家庭内感染を食い止めることはかなり難しい」とした上で、「重症化リスクの高い高齢者や病気を持っている家族が居る人は一段と注意が必要」。家庭外では食事の際の対策徹底が大切としている。

玉井医師は臨床の現場で学んだことをブログなどで発信しており、コロナに関しては2020年2月から書き続けている。市は、感染予防へより多くの人に伝えたいと広く周知している。

オミクロン株編は同病院HPでも掲載している。市、同病院それぞれのHPでは「ワクチン編」「デルタ株編」などこれまで玉井医師が発信した説明書の各編も公開している。

関連記事

ネーミングライツを検討 伊良部球場と新総合体育館 宮古島市

2021年9月に供用開始した市伊良部野球場と、新たに建設される市総合体育館について、宮古島市がネーミングライツの導入に向け準備を進めていることが18日、分かった。同日行われた開会中の市議会6月定例会一般質...

北羽新報社

二ツ井小児童が枝打ち体験 楽しみながら山の手入れ 能代市

 能代市二ツ井小(安井敦子校長)の3年生が18日、同市二ツ井町梅内の山林で枝打ちなど杉林の育成作業を体験した。児童たちは、木材として利用できるほどの大きな木に成長するには長い時間がかかり、枝打ちな...

7月に「三河赤引糸」を伊勢神宮へ奉納 新城の養蚕農家・滝本さん

 新城市出沢の養蚕農家滝本雅章さん(72)が、繭を出荷した。絹糸にし「三河赤引糸」として7月4日に伊勢神宮に奉納する。  奥三河地方では約1300年前から蚕を育て、絹糸を伊勢神宮に奉納していた...

八重山の味つたえ隊 JICA研修員に家庭料理

 国際協力機構(JICA)の研修員受け入れ事業が17日、森井農園(森井一美代表)=宮良仲田原=で行われ、「南の島々から八重山の味つたえ隊」(上原かよ子隊長、10人)がアフリカのマダガスカルとブルキ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク