全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

サウナ増築に支援を 敷地内に宿泊施設 十勝とやま農場

 畑作農家の十勝とやま農場(帯広市)は、農場内にサウナ付き宿泊施設を増築する資金をクラウドファンディングで募っている。周辺に広がる畑の風景と日高山脈が一望できる立地に、プライベートサウナと宿泊を楽しめる空間をつくる。

外山代表とサウナ小屋を荷台に載せる三菱ふそうキャンター

 クラウドファンディングサイト大手CAMPFIRE(キャンプファイヤー)で今月8日から始め、24日までに47人から72万8755円を集めた。目標額は200万円。寄付は3000円からで、企業スポンサー枠の10万円では開始初日に地方創生ベンチャーのそら(帯広市、米田健史社長)が応じた。募集はサウナの日(3月7日)前日の同6日まで。

 農場がある清川・美栄地区から同山脈を眺めると、山並み(岩内岳、十勝幌尻岳、札内岳など)は20キロにわたって地上に横たわる観音像の姿に見えることから、「カンノンサウナ」と名付ける。眺望の手前に見える敷地内の売買川支流の土手には560メートルの白樺並木も整備する。8月にオープンする予定。

 ダイニングとシャワー、宿泊が入る棟、ウッドデッキ、サウナの整備費用のうち、クラウドファンディングで集めた資金をサウナに充てる。サウナ小屋は、農場で使っていた1971年式のトラック、三菱ふそうキャンターの荷台に載せる。

 就農から12年の外山隆祥代表(35)は「自己資金や融資のほかに、民間の応援を借りる手法も農業者の選択肢にしたかった。クラウドファンディングでできたサウナをうたう。広大な景観を独り占めしてほしい」と話す。

サウナ付き宿泊施設のイメージ図(十勝とやま農場提供)

 寄付へのリターンは、金額に応じて農場が収穫した豆類やそれらを原料にした和菓子、十勝地サイダー、優待価格での宿泊など。

 プロジェクトは、道東の観光情報などを発信する一般社団法人ドット道東の関係者や帯広畜産大学の学生らの協力を得ている。

 同農場は外山さんの父勝則さん(故人)の代から、農業体験する修学旅行生の宿泊を受け入れてきた。16年からトレーラーハウスや納屋を改造した民泊棟には、国内と海外18カ国・地域から延べ740人の観光客が宿泊している。

関連記事

紀伊民報社

地蔵の顔欠け「かわいそう」 「百間ぐら」で風化か

 世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に登録されている熊野古道「小雲取越」の途中にある和歌山県田辺市本宮町の名所「百間ぐら」で、道沿いにある地蔵の顔が欠けた状態になっている。風化によるとみられるが...

小中学校 「ふっこう応援給食の日」 能登牛カレーに舌鼓  白老

白老町の小中学校で11日、石川県のブランド牛「能登牛」を使ったビーフカレーが給食に提供された。白老牛銘柄推進協議会(岩崎考真会長)が能登半島地震の被災地支援のため購入した牛肉。町教育委員会(しらお...

忠類から詐欺撲滅! ボランティア団体「どんとこいの会」結成

 幕別町忠類で、地元建設会社とシニアクラブが詐欺撲滅を目指すボランティア団体「詐欺撲滅団 忠類どんとこいの会」を結成した。帯広署管内でSNS詐欺防止のボランティア団体がつくられるのは初めて。同署忠...

荘内日報社

“郵便のお仕事”興味津々 松原保育園児が鶴岡郵便局訪問

 鶴岡市宝町の市立松原保育園(齋藤功園長、園児115人)の園児たちが11日、同市山王町の鶴岡郵便局(藤井泰局長)を訪問し、仕分けや押印など郵便業務を見学した。  園児たちが大好きな郵便配達をテーマにし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク