全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

医療用かつらに使って 能代市の小3男児がヘアドネーション

切ってもらった毛束を見て、伸ばし続けた努力の重みを感じた菅原君(能代市花園町で)

カットに臨む前の菅原君。髪は40㌢近くまで伸びていた

 病気などで脱毛などに悩む子どもたちの医療用かつらに役立ててもらおうと髪の毛を寄付する「ヘアドネーション」に興味を持ち、2年以上も髪を伸ばしてきた能代市向能代小3年の菅原凜君(8)=同市落合=が22日、市内の美容院で黒髪をカットした。毎日手入れを欠かさず行ってきた髪を眺め「病気や事故で困っている人たちの役に立ってほしい」と願いを込めた。

 菅原君がヘアドネーションを知ったのは、小学1年の秋。テレビ番組の特集で、小学校高学年の男子児童が、病気や事故で頭髪が生えなかったり、抗がん剤の副作用で抜け落ちて悩みを抱える人のために取り組む姿を見て「自分も人の役に立ちたい」と両親に相談し、髪の毛を伸ばし始めた。
 当初は周囲に理解されず「男なのに髪を伸ばすのは、女みたい」「大人になってからやれば」と心無い言葉を投げ掛けられることもあったが、父・治さん(44)、母・舞さん(45)は「本人の社会貢献しようという強い気持ちを大切にしたい」と励まし続けた。
 また、自らの思いやヘアドネーションを多くの人に知ってもらおうと、昨年秋、活動の趣旨や世界中で広がる活動、関係者へのインタビューなどをまとめたものを、「能代市立図書館を使った調べる学習コンクール」に出品し、佳作を受賞。学校でも全校集会でヘアドネーションについて発表したことで、徐々に理解の輪が広がったという。
 取り組み始めてから2年余り。毎日、傷まないようにトリートメントをつけ、両親に手伝ってもらいながら丁寧に乾かすなどしてきた髪は40㌢近くまで伸びた。寄付の要件である「31㌢以上」をクリアしたため、NPO法人ジャパンヘアドネーション&チャリティーの賛同サロンに同市二ツ井町の本店が登録している同市花園町の美容室「ako」能代店(桧森由紀子店長)でのカットを決めた。
 22日に両親と双子の兄、悠君と店を訪れた凜君は、椅子に座ってカット後のヘアスタイルをベリーショートに決めると、美容師が髪の毛を幾つかの束にまとめ、はさみでカット。毛束を見せてもらった凜君は「短くなって気持ち良い。切った髪はとてもさらさらしていた」とほほ笑んだ。
 横で見ていた悠君は「髪が短くなって同じ凜とは思えないや」と驚いた表情。治さんは「本人はこれまで大変な思いをしてきたが、努力し続けてきたことを無事にやり遂げた。この経験はきっと将来に生きるはず」と感慨深げに語った。
 ヘアドネーションのため、一緒に髪をカットした舞さんは愛息の姿を見て「今まで本当によく頑張った。本人も満足そうで何より」と目を細めた。
 カットした髪は、自宅に持ち帰り、寄付先を決めてから送るという。「伸ばしてきた髪を切ったのは寂しいけれど、自分の髪が多くの人の助けになることが一番うれしい。大人になってからもう一度やりたい」と話した。

関連記事

ネーミングライツを検討 伊良部球場と新総合体育館 宮古島市

2021年9月に供用開始した市伊良部野球場と、新たに建設される市総合体育館について、宮古島市がネーミングライツの導入に向け準備を進めていることが18日、分かった。同日行われた開会中の市議会6月定例会一般質...

北羽新報社

二ツ井小児童が枝打ち体験 楽しみながら山の手入れ 能代市

 能代市二ツ井小(安井敦子校長)の3年生が18日、同市二ツ井町梅内の山林で枝打ちなど杉林の育成作業を体験した。児童たちは、木材として利用できるほどの大きな木に成長するには長い時間がかかり、枝打ちな...

7月に「三河赤引糸」を伊勢神宮へ奉納 新城の養蚕農家・滝本さん

 新城市出沢の養蚕農家滝本雅章さん(72)が、繭を出荷した。絹糸にし「三河赤引糸」として7月4日に伊勢神宮に奉納する。  奥三河地方では約1300年前から蚕を育て、絹糸を伊勢神宮に奉納していた...

八重山の味つたえ隊 JICA研修員に家庭料理

 国際協力機構(JICA)の研修員受け入れ事業が17日、森井農園(森井一美代表)=宮良仲田原=で行われ、「南の島々から八重山の味つたえ隊」(上原かよ子隊長、10人)がアフリカのマダガスカルとブルキ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク