全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

三星 よいとまけに新商品、「りんご味」が登場

苫小牧市糸井のパン菓子製造三星(三浦実社長)は21日、お菓子「よいとまけ りんご」を新発売した。半世紀以上の歴史を誇るハスカップ菓子「よいとまけ」に、約6年半ぶりに新しい味が加わった。同社は「甘味と酸味のバランスを考えて商品化した。リンゴの風味を味わってほしい」とアピールしている。

新発売された「よいとまけ りんご」

 「よいとまけ」は1953年から販売している同社の看板商品で、年間50万本以上の売り上げ。ロールカステラにハスカップジャムをたっぷり使い、「日本一食べづらいお菓子」とも称される。味を変えない一方で、食べやすい「ひときれ」サイズを誕生させるなど工夫してきた。

 ハスカップ以外のバージョンは2015年の「よいとまけ いちご」以来、2作目。イチゴはハスカップの不作に伴う、いわば「窮余の策」だったが、リンゴは「ネームバリューを生かしながら新しい味に挑戦したい」と1年がかりで開発した意欲作。国産リンゴを赤みがかったとろとろのジャムにして、カステラの中と表面にたっぷり使う。

 同社は「客から『イチゴの次は何』と聞かれることが多かった。リンゴは甘くなりすぎず、酸味も生かせるので、よいとまけにぴったり」と話している。

 2月まで市内外全25店舗で、簡易包装の「ひときれ」サイズ(税込み140円)を売り、3月から1本箱入りなどを本格販売する。目標は年間5万本。

関連記事

紀伊民報社

椿温泉湯治体操が完成

 和歌山県白浜町椿にある旅館「しらさぎ」で20日、「椿温泉湯治体操」のお披露目会があった。体操を開発した健康運動指導士の寺田尊紀さん(44)=和歌山市=は「全世代の誰もができる、気持ちから元気に...

荘内日報社

「キッチンカー」人気!! 大型店やイベント出店依頼 コロナ禍 機動力ある販売..

 移動販売の「キッチンカー」が庄内で増えている。コロナ禍となった2020年から昨年までの2年間で新たに23台が庄内保健所に登録した。大型店からオファーを受けるケースのほか、市や町が主催するイベントに「来て...

「スロウ」直営店27日に開店 帯広のソーゴー印刷

 ソーゴー印刷(帯広市、高原淳社長)は27日、同社が発行する雑誌「ノーザンスタイルスタジオ・スロウ」で紹介してきた、管内外のこだわり商品などを集めた初の直営店「SLOW living(スロウリビン...

宇部日報社

たんぼラグビー、泥しぶきを上げてダッシュ 山口市

 第1回たんぼラグビーは21日、山口市吉敷佐畑1丁目の水田であり、小学生から大学生までの50人が全身泥だらけになりながらトライを目指した。2015年に京都府で発祥したとされるラグビーで、県内では...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク