全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

常盤湖の白鳥、湖全体に移動可能に

 集まって泳ぐコブハクチョウの親子(常盤公園で)

 山口県宇部市常盤公園の白鳥湖の一角で飼養されているコブハクチョウの親子8羽が、5日から同湖全体を移動できるようになる。ひなの体が親と同じ大きさまで成長したため、広く泳いでいけるようにする。ひな6羽は今年4月14日に下関市の深坂ため池でふ化し、5月10日に同湖に放された。カラスにとられないように、親より9日遅れで放鳥されたが、その間に親子の認識が薄れてしまったため、親と子をネットで仕切って飼育してきた。ひなの体が大きくなり、8月末から親子が行き来できるようにして経過観察しているが、関係性は良好だという。

 親に比べて、少し灰色の羽毛が残っていたり、くちばしの色が薄かったりするが、ほぼ親と変わらない姿に成長している。性成熟するまでには2~3年かかる。常盤動物園協会の爲近学動物課長は「白鳥湖全体を広く移動できるようになることで、より身近に観賞していただければ」と話す。湖での飼養は31日までとし、それ以降は高病原性鳥インフルエンザ対策のため、来年5月末まで屋内施設(建設中)で飼う。

関連記事

みかわでたべよう!ご当地グルメラリー

蒲郡、岡崎、西尾の3市で開催  蒲郡、岡崎、西尾の3市の商工会議所などは、各市のご当地グルメを食べて行う「みかわでたべよう!ご当地グルメラリー」を行っている。各市から13店舗ずつ参加し、エリ...

厚内⇔帯広 「国鉄仕様」で貸し切り列車

 私設鉄道博物館「十勝晴(とかちばれ)駅」(音更町柳町南区12)を運営する穂積規さん(59)が同駅の開業5周年を記念し、25日にJR根室線帯広-厚内(浦幌)間で1往復の貸し切り列車「十勝晴号」を運...

紀伊民報社

5日ぶりのにぎわい 台風一過の白良浜

 盆休み終盤の17日、台風一過で和歌山県白浜町の白良浜海水浴場は朝から、多くの海水浴客でにぎわった。台風接近により13~16日は遊泳禁止だったため、5日ぶりに真夏の光景に戻った。  白良浜ライ...

長野日報社

令和に咲く煌めきの華 諏訪湖祭湖上花火大会

第71回諏訪湖祭湖上花火大会(諏訪湖祭実行委員会主催)は15日夜、長野県諏訪市の諏訪湖で開いた。接近する台風10号の影響が心配されたが、ほとんど雨は降らず、水上スターマインやナイヤガラなど予定...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク