全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

常盤湖の白鳥、湖全体に移動可能に

 集まって泳ぐコブハクチョウの親子(常盤公園で)

 山口県宇部市常盤公園の白鳥湖の一角で飼養されているコブハクチョウの親子8羽が、5日から同湖全体を移動できるようになる。ひなの体が親と同じ大きさまで成長したため、広く泳いでいけるようにする。ひな6羽は今年4月14日に下関市の深坂ため池でふ化し、5月10日に同湖に放された。カラスにとられないように、親より9日遅れで放鳥されたが、その間に親子の認識が薄れてしまったため、親と子をネットで仕切って飼育してきた。ひなの体が大きくなり、8月末から親子が行き来できるようにして経過観察しているが、関係性は良好だという。

 親に比べて、少し灰色の羽毛が残っていたり、くちばしの色が薄かったりするが、ほぼ親と変わらない姿に成長している。性成熟するまでには2~3年かかる。常盤動物園協会の爲近学動物課長は「白鳥湖全体を広く移動できるようになることで、より身近に観賞していただければ」と話す。湖での飼養は31日までとし、それ以降は高病原性鳥インフルエンザ対策のため、来年5月末まで屋内施設(建設中)で飼う。

関連記事

竹島水族館で「わたし一肌脱ぎます」展

 脱皮をしたり、他の生物のために懸命になる水生生物をを紹介する企画展「わたし一肌脱ぎます」展が、蒲郡市竹島水族館で開かれている。魚やエビなど9種類を展示している。7月8日まで。  脱皮する生物で...

朝ドラ「バターチャーン」脚光 ふるさと館の来館者急増 幕別

 NHK連続テレビ小説「なつぞら」にも登場したバター製造の道具「バターチャーン」を所蔵する幕別町ふるさと館(町依田384ノ3)の来館者が伸びている。5月の来館者は239人で前年同月の2.6倍に。札...

長野日報社

暗闇に舞うホタルの淡い光跡 辰野の松尾峡

蛍の名所として知られる、長野県辰野町の松尾峡(ほたる童謡公園)で、ゲンジボタルの乱舞が始まった。暗闇の中で淡い光跡を描いて幻想的な風景をつくり出し、訪れる人たちを魅了している。15日には恒例の...

「納涼ビール電車」14日から運行

 豊橋の夏の風物詩「納涼ビール電車」(路面電車)が14日、豊橋鉄道の市内線で今季の運行を始める。冷たい生ビールを飲みながら、車窓からの街並みを眺められる。  今年で27周年を迎え、駅前電停から運動公園...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク