全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

常盤湖の白鳥、湖全体に移動可能に

 集まって泳ぐコブハクチョウの親子(常盤公園で)

 山口県宇部市常盤公園の白鳥湖の一角で飼養されているコブハクチョウの親子8羽が、5日から同湖全体を移動できるようになる。ひなの体が親と同じ大きさまで成長したため、広く泳いでいけるようにする。ひな6羽は今年4月14日に下関市の深坂ため池でふ化し、5月10日に同湖に放された。カラスにとられないように、親より9日遅れで放鳥されたが、その間に親子の認識が薄れてしまったため、親と子をネットで仕切って飼育してきた。ひなの体が大きくなり、8月末から親子が行き来できるようにして経過観察しているが、関係性は良好だという。

 親に比べて、少し灰色の羽毛が残っていたり、くちばしの色が薄かったりするが、ほぼ親と変わらない姿に成長している。性成熟するまでには2~3年かかる。常盤動物園協会の爲近学動物課長は「白鳥湖全体を広く移動できるようになることで、より身近に観賞していただければ」と話す。湖での飼養は31日までとし、それ以降は高病原性鳥インフルエンザ対策のため、来年5月末まで屋内施設(建設中)で飼う。

関連記事

長野日報社

遠照寺開創1200年記念に連鶴 富士連鶴の会が奉納

長野県伊那市高遠町山室の遠照寺に3日、同寺開創1200年を記念し、連鶴49個が奉納された。連鶴は静岡県富士市の「富士連鶴の会」が制作。1枚の紙から作り、数羽の鶴がつながっている連鶴が、1200...

「道の駅とよはし」全建賞道路部門を受賞

 豊橋市東七根町の道の駅「とよはし」が、全日本建設技術協会による全建賞の道路部門を受賞した。 優れた社会基盤整備事業を表彰するもので、自転車ツーリング用のサイクルピットや、電動アシスト自転...

長野日報社

諏訪湖サマーナイト花火 8月1日から開催

諏訪観光協会と諏訪湖温泉旅館組合でつくるサマーナイト花火実行委員会は26日、諏訪市の諏訪湖で花火を連日打ち上げる「諏訪湖サマーナイト花火」を8月1日から22日までの22日間、3密対策を講じた上で開...

新たなワイン城食や歴史に酔う リニューアルオープン 池田

 十勝の観光名所の一つ、池田町のワイン城が15年ぶりに改修され、20日にリニューアルオープンした。  ワイン城の改修は2005年以来。本体の耐震化や設備の長寿命化と併せて内装を一新した。1階...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク