全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

35歳 長寿記録を更新 雌グマ「マケンコ」 のぼりべつクマ牧場

のぼりべつクマ牧場(登別市)の雌グマ「マケンコ」が18日で35歳となり、同牧場で飼育されているエゾヒグマの歴代最高齢を更新した。人間の年齢に当てはめると100歳を超える。飼育員らは「元気に長生きできるようケアしていきたい」と温かく見守っている。

のぼりべつクマ牧場の長寿記録を更新したマケンコ(提供)

 マケンコは1987年1月18日、同牧場で生まれた。1歳から「クマ山ステージ」で自転車や大玉に乗る芸を披露し、来園者を楽しませた。体の衰えにより15歳でステージショーから引退。バックヤードの獣舎で余生を送っている。

 同牧場では2021年2月3日までの6年間、雄のロコが最長寿の記録を維持していた。しかし、同4日に34歳15日で死んだため、マケンコが最高齢となった。足腰の衰えで座り続けたり、寝ていたりの老後生活だが、バックヤードで同居する若いクマに負けないほど食欲旺盛という。

 現在は冬ごもり期に入っており、消防ホースなどを寝床に利用してゆったりと日々を過ごしてる。

 エゾヒグマの寿命は長くて30年ほど。それを超える年齢に達したマケンコについて、飼育員の坂元秀行さんは「まだまだ元気。一日でも長く生きられるようサポートとケアに努めていきたい」と話す。

 飼育下にあるエゾヒグマの最高齢としては、14年3月に死んだ円山動物園(札幌市)の雌「栄子」の41歳という記録がある。栄子ものぼりべつクマ牧場で生まれたクマだった。

関連記事

紀伊民報社

椿温泉湯治体操が完成

 和歌山県白浜町椿にある旅館「しらさぎ」で20日、「椿温泉湯治体操」のお披露目会があった。体操を開発した健康運動指導士の寺田尊紀さん(44)=和歌山市=は「全世代の誰もができる、気持ちから元気に...

荘内日報社

「キッチンカー」人気!! 大型店やイベント出店依頼 コロナ禍 機動力ある販売..

 移動販売の「キッチンカー」が庄内で増えている。コロナ禍となった2020年から昨年までの2年間で新たに23台が庄内保健所に登録した。大型店からオファーを受けるケースのほか、市や町が主催するイベントに「来て...

「スロウ」直営店27日に開店 帯広のソーゴー印刷

 ソーゴー印刷(帯広市、高原淳社長)は27日、同社が発行する雑誌「ノーザンスタイルスタジオ・スロウ」で紹介してきた、管内外のこだわり商品などを集めた初の直営店「SLOW living(スロウリビン...

宇部日報社

たんぼラグビー、泥しぶきを上げてダッシュ 山口市

 第1回たんぼラグビーは21日、山口市吉敷佐畑1丁目の水田であり、小学生から大学生までの50人が全身泥だらけになりながらトライを目指した。2015年に京都府で発祥したとされるラグビーで、県内では...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク