全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

レタスの収穫が最盛期 栽培発祥地のすさみ町で

レタスを収穫する農家の矢形孝志さん(和歌山県すさみ町で)

 日本でのレタス栽培発祥地として知られる和歌山県すさみ町で、レタスの収穫が最盛期を迎えている。近年は「地産地消」をアピールし、地域で販売する農家も増えている。

 JA紀南によると、管内では白浜町の富田や日置地域、すさみ町の農家約40戸が、計約9ヘクタールで栽培している。収穫は11月中旬ごろから始まり、2月末ごろまで続く。
 ほとんどが水田の裏作として栽培されており、すさみ町出身の田辺市目良、矢形孝志さん(53)は太間川地区の約10アールで栽培。昨季は4千玉を生産、今季は5千玉を計画している。地産地消に対する思い入れが強く、白浜町や田辺市の宿泊施設、すさみ町内の飲食関係の店舗などに出荷している。
 9月に定植したが、今季は雨が少なかったり、気温が低い日が続いたりで、栽培管理には苦労している。

矢形さんが考案した「めじろすし」

■レタスで「めじろすし」
 矢形さんは、レタス栽培発祥の地、すさみ町や紀南地方のレタスを盛り上げたいと、PRにも力を入れている。今季は、すさみのレタス栽培発祥80周年として、地元宿泊施設と連携し、サイクリングで畑に来てもらってレタスを収穫し、持ち帰って宿泊施設で食べてもらうツアーを企画した。
 さらに母親が作っていたレタスの漬物を使って巻いた「めじろすし」も考案。イベントで無料で振る舞って試食してもらうなどしている。
 作り方はレタスの軸や梅干し、かつおぶしをめんつゆであえて白ご飯に混ぜ、レタスの漬物で包む。口に頬張るとシャキ、シャキと音を立てて食感が良く、甘みもある。色や大きさがメジロと似ていることに加え、町や県の鳥がメジロであることもあって「めじろすし」と名付けた。ゆくゆくは販売することも考えているという。
 矢形さんは「かつてに比べると生産者は減ったが、ここまで(産地を)つないでくれた先人に感謝している。その人たちの思いを引き継いでレタス栽培を盛り上げたい。最近は、すさみ町が栽培発祥の地ということを知らない人も多いので、紀南のレタスが広く知られるように」と話している。

関連記事

100年前に思いはせる 賢治ウオークに20人 苫小牧

詩人、童話作家宮沢賢治の来苫から21日で丸100年を迎えるのを前に18日、賢治が苫小牧で歩いた道をたどる「百年目の賢治ウオーク」が行われた。市民ら20人が参加。初夏の日差しが降り注ぐ中、当時の情景...

難失聴でもガイド楽しみたい おびひろ動物園でアプリや筆談体験会

 聞こえない人や聞こえにくい人でも、施設ガイドの説明を楽しみたい-。帯広市中途難失聴者協会(佐々木亜規子会長)は、音声をリアルタイムで文字化するアプリ「UDトーク」や筆談でガイドを楽しむ体験会を1...

荘内日報社

歴史と文化つなぐ26万6000点一括管理 酒田市文化資料館 光丘文庫オープン 「日..

 酒田市総合文化センターの旧中央図書館を活用して市が整備した市文化資料館光丘文庫(館長・金野洋和市文化政策調整監兼文化政策課長)が18日、オープンした。市立資料館、市立光丘文庫に加え、公文書館や埋蔵...

宇部日報社

小学校運動会、青空の下で全力疾走 見初小は地域と合同【宇部】

 宇部市内小学校のトップを切って18日、見初、神原、原、黒石の4校で運動会が行われた。雲一つなく初夏の日差しが照り付ける中、子どもたちは保護者や地域住民の前で練習の成果を披露した。  地域と...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク