全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

「縄文カード」人気 展示施設で無料配布 長野県

「顔面付釣手形土器」の縄文カードをPRする伊那市創造館の職員

 長野県埋蔵文化財センター(長野市)は県内の博物館などと協力し、縄文時代の遺物をデザインした「縄文カード」を作製した。土器や土偶、石鏃など10種類で、それぞれ1000枚用意。上伊那地方では、伊那市創造館の国重要文化財「顔面付釣手形土器」と、辰野町の辰野美術館が所蔵する県宝「仮面付土偶」が選ばれた。展示施設で無料配布され、”縄文ファン”の人気を集めている。

 カードの表には写真、裏には作られた時代や大きさ、出土の経緯などの情報を掲載。5種類集めると、「埋文博士の学位証」や収納できるカードホルダーがもらえる。入手するには、実物の遺物がある展示施設などに足を運ぶ必要があり、来館者の増加につながると期待されている。

 顔面付釣手形土器は、同市富県の御殿場遺跡から出土した。カードには「表面は優しい女神様の顔、裏側は大きな蛇の模様が付き、ドクロにも見える祭祀用の特別な土器」などと特徴を紹介。1998年と2018年にフランス・パリで展示されたことも分かる。

 縄文時代後期の仮面付土偶は、町内の泉水遺跡で発掘。胴体にたすきのような模様が見られ、「顔に仮面をかぶり、両腕を水平に伸ばし、太い足で大地に立つ土偶」などと伝えている。

 市創造館によると、2週間がかりで県内を巡り、全種類をそろえた来館者もいるという。捧剛太館長(62)は「カードコレクターの話題にも上っている。北信から南信まで博物館をはしごし、展示物に関心を持ってもらえたら」と話す。

 市創造館は火曜日休館。辰野美術館は冬期休館や一部閉館に伴い、カードは3月19日から配布する。問い合わせは同センター(電話026・293・5926)へ。

関連記事

長野日報社

「星ケ塔遺跡」今年も人気 今季初の日帰りツアー 長野県下諏訪町

 長野県下諏訪町観光振興局は22日、同町郊外にある国史跡「星ケ塔黒曜石原産地遺跡(星ケ塔遺跡)」を訪ねる日帰りツアーの今季初回を開いた。全国各地から定員いっぱいの15人が参加。一行は標高約1500...

然別湖上の景色 遊覧船で 安全確認入念に 今季の運航開始

 今季の然別湖の遊覧船運航が21日、始まった。10月末まで毎日運航され、普段はなかなか見ることができない湖上からの風景を楽しめる。  遊覧船は、鹿追の然別湖畔温泉ホテル風水が1963年から運...

長野日報社

美人画の巨匠・伊東深水 伊東近代美術館で没後50年追悼展 長野県諏訪市

長野県諏訪市諏訪の伊東近代美術館で、美人画の巨匠として知られる同館ゆかりの日本画家、伊東深水(1898~1972年)の没後50年を記念した追悼展が開かれている。掛け軸やスケッチなど計19点を展...

北羽新報社

能代市の旧料亭金勇 着物フォトプランを商品化

 能代市柳町の旧料亭金勇は、館内外で本格的な和装写真を撮ることができるフォトプラン「金勇きものフォト」を商品化した。衣装の準備や着付け、ヘアメイクは県美容生活衛生同業組合能代支部(加藤妙子支部長...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク