全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「山幸」ワイン番組海外に 池田町、HBCと連携

 十勝ワインの魅力を世界に発信-。総務省の「映像コンテンツを活用した地域情報発信調査事業」で、対象自治体に池田町が全国の町村で唯一選ばれた。13、14の両日には町と北海道放送(HBC)が連携し、町内で映像を撮影。国際ブドウ・ワイン機構(OIV)に品種登録された町独自のブドウ品種「山幸」をメインに取り上げ、今後はプロモーション動画を通じてフランスやシンガポールにPRしていく。

ワイン城地下で行われたHBCの番組撮影。左はインタビューに応じる山岸係長

 同事業は、自治体とローカル放送局などが連携して地域の魅力を映像コンテンツとして広く発信する取り組み。総務省の委託を受けた三菱総合研究所(東京)が対象自治体を選定し、地元メディアの選定はオンラインによるプレゼンテーションでHBCに決まった。

 HBCは過去にも総務省の同様の事業に関わり、2019、20年と2年続けて道内各地域の魅力を題材とした番組を制作し、フランスで放映した実績がある。今回は山幸に焦点を当て、山幸の栽培やワインの製造現場のほか、フランスの映像制作会社の協力も得て、フランスの有名シェフであるアマンディーヌさんが山幸に合う料理などをPRする内容を予定している。

 HBCの撮影班5人が来町し、初日の13日はワイン城の屋上から池田の街並み、山幸を栽培しているワイン城近くの町営ほ場などを撮影し、町ブドウ・ブドウ酒研究所製造課醸造係兼品質管理係の山岸賢三係長へのインタビューも行った。2日目の14日は町千代田の町営ほ場などを巡り、ドローンも活用して撮影した。

 HBCによると、24分間の番組で、アマンディーヌさんの料理を中心に、池田で撮影した映像は5分程度を想定している。HBCの田中正人プロデューサーは「ワインの本場であるフランスで山幸というブドウ、そして山幸を使ったワインを認知してもらい、ブランド価値が向上すれば」とし、同研究所営業課営業係兼総務係の今井秀敏主査は「山幸の魅力をシンガポールにPRしていきたい」と抱負を語る。

 事業は2月末まで。同月上旬に番組の制作が完了し、フランスで配信後、シンガポールなど東南アジアで放映される予定。

関連記事

長野日報社

長野県飯島町の「wave」が稲作の実証実験 ドローンで直播栽培

 長野県飯島町で農業用ドローンの販売から作業メンテナンスを手掛けるシステム開発の「wave」は、小型無人機ドローンを使った稲作の実証実験に取り組んでいる。同町岩間にある同社隣接の水田で、鉄コーティ...

紀伊民報社

印南で小玉スイカ収穫 甘くてシャリシャリ

 JA紀州(本所・和歌山県御坊市)管内で、夏の風物詩となっている小玉スイカが収穫されている。生産が盛んな印南町では7月末まで、農家が丹精込めて育てたスイカの収穫が続く。  小玉スイカは皮が薄く...

荘内日報社

ディズニー仲間たち パレードが夢の世界へ 酒田まつりに登場

 ミッキーマウスらディズニーの仲間によるスペシャルパレードが20日夕、「酒田まつり」の本祭りに合わせ酒田市の中心市街地で行われ、沿道を埋めた見物客を夢の世界に引き込んだ。  東京ディズニーリゾート...

宇部日報社

市空き店舗利活用事業 セメント町の支援拡大【山陽小野田】

 山陽小野田市は、空き店舗等利活用支援事業のうち、旧セメント町商店街周辺地区に限って、今年度から補助額の上限を50万円から100万円に引き上げた。エリア内に複合施設「Aスクエア」が新しくオープ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク