全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

障がい者ふれあいフェスティバル

本番に向けて練習に熱が入る東三河ダンスカンパニーの皆さん

 障害者と、その家族にダンス文化に触れてもらおうと、「第1回障がい者ふれあいフェスティバル~EGAO(笑顔)」(豊橋市体育協会主催)が21日(土)午後1時と3時からの2回、豊橋市総合体育館第2アリーナで開かれる。  障害者と家族たちは、周囲の観客の目を気にして文化公演へ行くことを敬遠してしまう傾向があるという。この状況を少しでも変えようと、障害者の皆さんを優先して来場できる仕組みをつくり、今回初めてダンス公演を開催する。  午後1時からの部は障害者の方と家族、付き添いの方のみ入場できるよう配慮。午後3時からの部は一般も入場できるが、障害者の皆さんが気軽に来場できるよう工夫する。  フェスティバルは、東三河ダンスカンパニーが企画・演出を担当。ダンスエンタテイメントショーで、葛藤を繰り返しながらも、努力して成長していく姿を表現する。  同カンパニー代表の宮本悠生奈さんは「障害者の皆さんが文化に接する機会は少ないと感じます。ダンスは直感的に伝わり、理解しやすいのでは。この機会にダンス文化の一端に接して欲しい」と話す。  当初は第1アリーナでの開催予定だったが、衆議院選挙の準備のために会場、時間を変更した。  入場無料で予約制。当日はタオル持参(観客がタオルを振る場面があるため)。予約・問い合わせは浜道地区体育館の小林さん(0532・47・4986)へ。

関連記事

昔ながらの遊びなど体験 青少年の家まつり

 スポーツや昔ながらの多彩な遊びが体験できる「青少年の家まつり&遊びリンピック」(県立石垣青少年の家、県教育委員会主催)が17日、青少年の家で開かれ、家族連れを中心に730人(主催者発表)がイベン...

自慢のそり 幕別・忠類快走

 自作そりでコースを滑り降りる「第36回忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が17日、幕別町営忠類白銀台スキー場の特設会場で開かれた。管内外から39台のオリジナルそりが登場し、観客から大き...

紀伊民報社

福祉に関心を ふれあい文化祭

 和歌山県田辺市文里2丁目のガーデンホテルハナヨアリーナで16日、第25回ふれあい文化祭(実行委員会主催)が始まった。舞台発表や飲食物の販売などがあり、多くの人でにぎわっている。17日まで。  ...

犬まっしぐら 冬の「運動会」 ドッグ競技に全国愛犬家 中札内

 犬ぞりなどのドッグスポーツが楽しめる催しが16日、バンブードッグフィールド(村東戸蔦東6線152ノ4)で始まった。小型犬の参加や無料観覧ができるイベントで、飼い主と愛犬が雪上で息の合ったレー...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク