全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

冬ごっつぉ 山海の幸ふんだんに 「温海旬御膳」来月28日まで 8店舗オリジナルメニュー

 冬の日本海で捕れた旬の幸の料理や温泉入浴など、鶴岡市温海地域の魅力を堪能できるキャンペーン「温海旬御膳~冬のごっつぉめぐり~」が14日から始まった。来月28日まで、同地域の旅館や飲食店8店舗でそれぞれ、庄内の海産物をふんだんに使ったオリジナルメニューを提供する。

温海地域の旅館や飲食店で提供が始まった「温海旬御膳」=鶴岡市湯温海の末広寿し

 海と山が共存し、豊富な食材に恵まれた温海地域をPR、冬の誘客を図ろうとあつみ観光協会が2009年から毎年実施している。鶴岡市内を中心に、酒田市や内陸からも多くの客が訪れるなど、人気の企画となっている。

 今回はあつみ温泉地区の湯温海をはじめ、温海、鼠ケ関各地区の旅館やすし店、カフェなどが実施。店舗ごとに料金が異なり、3300―5500円で設定。旅館は日帰りの温泉入浴券が付く。

 このうち、湯温海の末広寿し(斎藤彰店主)では、鼠ケ関港や新潟県村上市の寝屋港で水揚げされたタイや甘エビ、ソイなどのにぎりや、未冷凍の新鮮なベニズワイガニの酢物、ヤリイカとカンパチの刺し身など地物の海産物が勢ぞろい。汁物はその日の仕入れ状況でエビのみそ汁や寒ダラ汁などを提供する。その他にも温海かぶの漬物や、舞茸、カボチャなどの5種類の野菜の天ぷら、妻の友子さん(66)特製の鶏肉のクリームシチューなど、海と山の幸を存分に味わえる。価格は3300円(税込み)。

 斎藤店主(71)は「お客さまに喜んでもらいたいという一心。コロナ禍で日頃からストレスがたまる中、おいしい地元産の海鮮料理を食べてゆっくりしてもらえれば」と話している。

 温海旬御膳は、利用の3日前までに店舗に電話での予約が必要。先着計500人に温海地域産のパックライスが贈られる。問い合わせはあつみ観光協会=電0235(43)3547=へ。

 参加施設・店舗は次の通り。

 ▽あつみ温泉地区=あつみホテル温海荘、東屋旅館、かしわや旅館、瀧の屋、足湯カフェチット・モッシェ、末広寿し▽温海地区=寿司割烹雅▽鼠ケ関地区=鮨処朝日屋

関連記事

豊橋名物「濱納豆」普及へ 國松本店がイベント

 発酵食品「濱納豆(はまなっとう)」の製造販売を手がける豊橋市船町の「國松本店」は10日、濱納豆普及のワークショップや料理のプレゼンテーションを本店イベントホールで開いた。  創業140年。...

帯広・福原がチルド弁当 自社開発、レンジでおいしく 食品ロスも削減

 食品スーパーマーケット地場大手・福原(帯広市、福原郁治社長)は、チルド弁当を自社開発し、「ハピネス・デリカ」のブランド名で販売を始めた。自社工場を持つ強みを生かし、1個400円台(税抜き)の価格...

節目おいしく 音更・ハピオ30周年ハピまん、帯広・東洋食肉10周年鶏まん

 今年で開店30周年を迎えた木野農協系スーパー・ハピオ(音更町、黒田浩光社長)と、開所10周年を迎えた東洋食肉販売十勝事業所(帯広市、片山丈浩所長)はそれぞれ、記念企画として新商品の中華まんじゅう...

長野日報社

南箕輪開発公社 ハナマルキとコラボの「塩こうじプリン」6日から販売 長野県

長野県の南箕輪村開発公社(原賢三郎社長)とみそ・醸造製品メーカー「ハナマルキ」(本社・伊那市)が塩こうじを使った「塩こうじプリン」を開発し、6日から販売を開始する。同公社が企画、販売する人気商...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク