全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「地頭鶏」頭のふさふさ、なぜ違う? 帯広畜大の大谷さん優秀発表賞

 動物の遺伝について研究成果を発表する「日本動物遺伝育種学会第22回大会」で、帯広畜産大学の大谷暢(みちる)さん(21)=畜産科学課程4年=が第2席の優秀発表賞を受けた。ニワトリの一品種「地頭鶏(ジトッコ)」の頭の毛の遺伝について研究し、成果を伝えた。大谷さんは「成果が認められ、うれしい。先生や友人、先輩から助言をもらい、いい発表ができた」と喜んでいる。

表彰状を手に優秀発表賞を喜ぶ大谷さん

 大会は昨年11月にオンラインで行われ、学生を含む若手研究者が発表した。大谷さんは内容やプレゼンテーションが評価され、対象の11人中、学部生ではただ一人、入賞した。

 研究テーマは「ジトッコが示す毛冠の表現型とHOXCの構造多型との関連」。ジトッコは宮崎や鹿児島などで飼育されてきた在来種天然記念物で、現在は「みやざき地頭鶏」の親品種にも用いられている。

 ジトッコの頭には長い羽根がふさふさと生える「毛冠」という特徴があるが、普通のニワトリと掛け合わせた孫世代のみやざき地頭鶏には、生えていない個体もある。大谷さんは毛の生え方がなぜ違うかを疑問に思い、研究を始めた。

毛冠がある「みやざき地頭鶏」(左)と毛冠がない「みやざき地頭鶏」

 宮崎県畜産試験場との共同研究で202羽の血液から遺伝子を解析したところ、「HOXC10」と呼ばれる遺伝子が影響を与えていることが分かった。海外の研究者の論文でも、ニワトリの毛冠にはHOXC10が関係していることが分かっていたことから、毛冠のある海外のニワトリとジトッコの祖先が共通している可能性がある。

 ニワトリの見た目は消費者が購入する際のPRにもなり、みやざき地頭鶏の関係者からは「毛冠があるよう統一できれば」との声もある。今年、企業に就職する大谷さんは「引き継ぐ人がいれば、可能かどうかを研究してもらえたら」と話している。

関連記事

豊川の匹田さんが8月1日にセブ島で留学アカデミーを開校

 フィリピンのリゾート地セブ島で、豊川市赤坂町の匹田美由紀さん(45)が、短期留学が可能な留学アカデミー校「オガールイングリッシュアカデミー」を8月1日に開校する。異文化体験を通して、考える力...

釧路新聞社

赤ちゃんの成長願い「泣き相撲」【釧路市】

 厳島神社(菊池吉郎宮司)例大祭最終日の14日、子供の健やかな成長を願う「赤ちゃん泣き相撲」が同神社で行われた。釧路管内から生後6カ月~2歳半の赤ちゃん60人と保護者が参加し、元気な泣き声を境内に...

長野日報社

国道361号の電柱地中化完了 長野県伊那市高遠町

 長野県伊那市高遠町の商店街「ご城下通り」に林立していた30本余りの電柱と電線がなくなり、広い空とそぞろ歩きが楽しめる城下町の景観がお目見えした。県伊那建設事務所が2016年度から進めていた国道...

荘内日報社

夏山登山者迎えるニッコウキスゲ 月山8合目

 鶴岡市羽黒町の月山8合目付近に広がる弥陀ケ原で、夏の訪れを告げるニッコウキスゲが見頃を迎え、多くの草花と共に登山客の心を癒やしている。  弥陀ケ原は月山の標高約1400メートル地点にある日本有数...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク