全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

豊作願い無病息災祈る 白保種子取祭 カタバリ馬が邪気払い

伝統の面「アガフツィ」を被り馬を走らせるカタバリが奉納された=14日午前、オーセ前

 白保公民館(池間孝夫館長)の種子取祭が14日早朝、オーセ(拝所)で行われ、伝統の「カタバリ馬」などを奉納、来夏世の五穀豊穣と地域住民の無病息災を祈願した。

 午前6時ごろから公民館役員や地域の農家などが集い、神司の大城美由紀さん(嘉手刈御嶽)、迎里三千枝さん(波照間御嶽)、石川ときさん(真謝御嶽)とともにニンゲー(願い)を開始。村の神と火の神に向け「力草の根、ススキの根のように、犬の毛、猫の毛のように育て」と願い口を唱え稲の成長を祈願。紅白のイバチや酒、塩などを供え手を合わせた。

 その後、石垣島カタバル馬愛好会(新本信市会長)の乗り手らが伝統の面「アガフツィ」を被り村内で馬を走らせ邪気払い。白保郵便局前の国道390号線とオーセを結ぶ一直線の道「ンマガミチ」ではカタバリが行われ、馬の軽快なひづめの音と乗り手の「ハイ」というかけ声が響いた。

 池間館長は「ニンゲーも無事に終わり、ことしもいい米ができることを期待している。コロナで各行事も縮小が続いているが今後は通常通りの開催、元の生活に戻ることを願う」と語った。

 家族でカタバリを見ていた仲島恭子さん(40)は「昔から続いている伝統なのですごい。邪気とともにコロナも払ってほしい」と笑顔、息子の瑞ちゃん(3)は「お馬さんかっこよかった。大きくなったら乗りたい」と声を弾ませた。

関連記事

豊川の匹田さんが8月1日にセブ島で留学アカデミーを開校

 フィリピンのリゾート地セブ島で、豊川市赤坂町の匹田美由紀さん(45)が、短期留学が可能な留学アカデミー校「オガールイングリッシュアカデミー」を8月1日に開校する。異文化体験を通して、考える力...

釧路新聞社

赤ちゃんの成長願い「泣き相撲」【釧路市】

 厳島神社(菊池吉郎宮司)例大祭最終日の14日、子供の健やかな成長を願う「赤ちゃん泣き相撲」が同神社で行われた。釧路管内から生後6カ月~2歳半の赤ちゃん60人と保護者が参加し、元気な泣き声を境内に...

長野日報社

国道361号の電柱地中化完了 長野県伊那市高遠町

 長野県伊那市高遠町の商店街「ご城下通り」に林立していた30本余りの電柱と電線がなくなり、広い空とそぞろ歩きが楽しめる城下町の景観がお目見えした。県伊那建設事務所が2016年度から進めていた国道...

荘内日報社

夏山登山者迎えるニッコウキスゲ 月山8合目

 鶴岡市羽黒町の月山8合目付近に広がる弥陀ケ原で、夏の訪れを告げるニッコウキスゲが見頃を迎え、多くの草花と共に登山客の心を癒やしている。  弥陀ケ原は月山の標高約1400メートル地点にある日本有数...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク