全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

界ポロト オープン 星野リゾート アイヌ文化体感できるサービス提供  白老

総合リゾート運営会社の星野リゾート(本社長野県軽井沢町)は14日、白老町のポロト湖畔で高級温泉旅館「星野リゾート 界(かい)ポロト」を開業した。民族共生象徴空間(ウポポイ)に隣接する施設は、ポロト湖や樽前山が見渡せる42室を備え、アイヌ文化を体感できるこだわりのサービスを提供する。「界」は全国で展開する同社の温泉旅館ブランドで、道内に開設するのは初。

炉を備えたホテル内のラウンジ

 施設は鉄筋コンクリート造り4階建て、延べ床面積約4900平方メートル。「ポロト湖の懐にひたる、とんがり湯小屋の宿」をコンセプトとし、湖にせり出した露天風呂付き温泉入浴施設を特色とした。

 アイヌ文化をイメージに設計した建物のラウンジには、昔の暮らしの雰囲気を醸し出す炉を設置。炉を囲み、アイヌ民族が身に着けていた魔よけのお守り作りを体験してもらうサービスを宿泊客に提供する。湖に面した客室は伝統的家屋「チセ」をモチーフとし、壁にチタラペ(ござ)の模様をデザインしたり、アイヌ文様を施した工芸品のインテリアを飾ったりと、随所で伝統文化が感じられる工夫を取り入れた。

 湖を一望できる露天風呂を備えた別棟の浴場施設は、アイヌ民族の伝統的建築・丸太組み3脚構造「ケトウンニ」を参考に建設。湖上で湯小屋が集落のようにたたずむような景観をつくった。湖畔の湯小屋とは別に、日帰り客が利用できる洞窟風の内風呂も設けた。2カ所とも茶褐色が特徴のモール温泉が堪能できる。

 宿泊者の食事は、毛ガニやサケなど北海道の食材を生かした会席料理。アイヌ民族が使った丸木舟をモチーフにした器に盛り付けるなど、演出も楽しんでもらうようにした。

 同社はオープンを前に13日、報道向けの内覧会を開き、「地域の文化や温泉、北海道の美食など、こだわりのおもてなしを提供したい」と述べた。道内外から予約が入っており、「予約客の半数が道内客。当面、60%ほどの稼働率で運営していきたい」と言う。

 宿泊料(1泊2食付き)は、2人1室利用で1人当たり2万8000円から。予約や問い合わせは、界予約センター 電話0570(073)011。

関連記事

紀伊民報社

炎天下に梅ずらり 夏の風物詩「天日干し」始まる

 和歌山県の紀南地方で、特産の梅の天日干しが始まった。梅雨明けの強い日差しの下、塩漬けした梅が容器にずらりと並べられている。  農家は収穫した梅をタンクで1カ月ほど塩に漬け込み、それを出して、...

荘内日報社

酒田舞娘と交流 地元の魅力支える人たち 十坂小で特別授業

 酒田市の十坂小学校(五十嵐敏剛校長)で22日、酒田舞娘(まいこ)を招いた特別授業が開かれた。芸妓(げいぎ)の小鈴姐さん、酒田舞娘の鈴華さんと鈴千代さんの講話・演舞を通し、6年生27人が「酒田の魅力」に...

輝く黄金 ロール点々 小麦収穫 ペース順調 帯広

 小麦の収穫が十勝管内で本格化する中、畑に残った麦わらを専用機械で巻き集めた「麦稈(ばっかん)ロール」が点在する風景を目にするようになった。広大な十勝農業を象徴する、夏限定の牧歌的な一こま。「...

宇部日報社

中学校の垣根越え研さん 厚狭卓球クラブ、部活動の地域移行先駆け【山陽小野..

 中学校部活動の地域連携・地域移行をめぐり、山陽小野田市は2026年度からの休日活動での地域移行を目指して協議を進めている。「地域の子どもたちを地域で育てよう」の共通認識の下、学校や市スポーツ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク