全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

連携して災害警備訓練 串本署など7機関

訓練で事故車両から負傷者に見立てた人形を助け出す警察官(和歌山県串本町上野山で)

 阪神大震災(1995年1月17日)から27年を迎えるのを前に、南海トラフを震源とする大規模地震を想定し、串本署など7機関が参加した災害警備訓練が12日、和歌山県串本町上野山の上野山防災広場であった。参加者は災害対処能力の向上を目指し、連携を確認しながら、建物や車に閉じ込められた人を救出する訓練などに取り組んだ。

 この日は県警のほか、航空自衛隊串本分屯基地や串本町消防本部、串本海上保安署、串本署と災害時のドローン運用で協定を結んでいる映像企画制作会社「POS(ポス)」(新宮市)、県災害救助犬協会など7機関から計約40人が参加した。
 午前7時に県南方沖でマグニチュード8・7の地震が発生し、串本町内では震度6強の揺れを観測して、大津波警報も発令。災害発生から6時間が経過したという想定で訓練をスタートし、県警のヘリコプターやバイク、ドローンで被害状況を調べたり、無線機を使った通信訓練をしたりした。
 その後、土砂災害で倒壊したと想定した建物の屋根部分にチェーンソーで穴を空けて中に入ったり、事故車両のドアを特殊な機材を使ってこじ開けたりし、要救助者に見立てた人形を助け出した。

土砂災害で建物が倒壊したと想定し、チェーンソーを使って進入するための穴を開ける消防隊員

 訓練を見守った串本署の泉政勝署長は「17日は阪神大震災の発生の日で、当時は白バイ業務に就いており、神戸に走って悲惨な状況を目の当たりにした。当地は南海トラフを震源とする大規模地震が今後30年の間にかなり高い確率で発生するといわれている。本日は連携などを主眼に皆さんが真剣に訓練に取り組み、十分な成果があったと思う。ただ、訓練に終わりはない。今後も知識や技能の向上を目指して継続していただきたい」と呼び掛けた。

関連記事

荘内日報社

砂浜にマイクロプラスチック その種類の多さに驚き 鶴工高環境化学科 3年生4..

 鶴岡工業高校(平山豊校長)の生徒が、庄内浜でマイクロプラスチックの研究に取り組んでいる。環境化学科3年の生徒4人が湯野浜海岸の砂を調べたところ風呂用品に使われる「ポリプロピレン」など5種類のマイクロ...

紀伊民報社

春の味覚「菜花」 日置川、すさみで収穫

 和歌山県白浜町の日置川地域やすさみ町で、食用菜の花「菜花(なばな)」が収穫されている。やわらかいつぼみや茎、葉を食べる旬の味覚。2月末ごろまで続く。  JA紀南によると、農家15戸が計約2ヘク...

三星 よいとまけに新商品、「りんご味」が登場

苫小牧市糸井のパン菓子製造三星(三浦実社長)は21日、お菓子「よいとまけ りんご」を新発売した。半世紀以上の歴史を誇るハスカップ菓子「よいとまけ」に、約6年半ぶりに新しい味が加わった。同社は「甘味...

排雪 学校敷地を活用 通学路の安全確保へ 帯広市

 帯広市は21日、市内小中学校の周辺路線の除排雪作業について、学校敷地内に排雪し作業を効率化する取り組みを始めた。通学路の安全確保に向けた新たな試みで、今後も各学校の周辺路線へと除雪範囲を広げてい...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク