全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

連携して災害警備訓練 串本署など7機関

訓練で事故車両から負傷者に見立てた人形を助け出す警察官(和歌山県串本町上野山で)

 阪神大震災(1995年1月17日)から27年を迎えるのを前に、南海トラフを震源とする大規模地震を想定し、串本署など7機関が参加した災害警備訓練が12日、和歌山県串本町上野山の上野山防災広場であった。参加者は災害対処能力の向上を目指し、連携を確認しながら、建物や車に閉じ込められた人を救出する訓練などに取り組んだ。

 この日は県警のほか、航空自衛隊串本分屯基地や串本町消防本部、串本海上保安署、串本署と災害時のドローン運用で協定を結んでいる映像企画制作会社「POS(ポス)」(新宮市)、県災害救助犬協会など7機関から計約40人が参加した。
 午前7時に県南方沖でマグニチュード8・7の地震が発生し、串本町内では震度6強の揺れを観測して、大津波警報も発令。災害発生から6時間が経過したという想定で訓練をスタートし、県警のヘリコプターやバイク、ドローンで被害状況を調べたり、無線機を使った通信訓練をしたりした。
 その後、土砂災害で倒壊したと想定した建物の屋根部分にチェーンソーで穴を空けて中に入ったり、事故車両のドアを特殊な機材を使ってこじ開けたりし、要救助者に見立てた人形を助け出した。

土砂災害で建物が倒壊したと想定し、チェーンソーを使って進入するための穴を開ける消防隊員

 訓練を見守った串本署の泉政勝署長は「17日は阪神大震災の発生の日で、当時は白バイ業務に就いており、神戸に走って悲惨な状況を目の当たりにした。当地は南海トラフを震源とする大規模地震が今後30年の間にかなり高い確率で発生するといわれている。本日は連携などを主眼に皆さんが真剣に訓練に取り組み、十分な成果があったと思う。ただ、訓練に終わりはない。今後も知識や技能の向上を目指して継続していただきたい」と呼び掛けた。

関連記事

紀伊民報社

炎天下に梅ずらり 夏の風物詩「天日干し」始まる

 和歌山県の紀南地方で、特産の梅の天日干しが始まった。梅雨明けの強い日差しの下、塩漬けした梅が容器にずらりと並べられている。  農家は収穫した梅をタンクで1カ月ほど塩に漬け込み、それを出して、...

荘内日報社

酒田舞娘と交流 地元の魅力支える人たち 十坂小で特別授業

 酒田市の十坂小学校(五十嵐敏剛校長)で22日、酒田舞娘(まいこ)を招いた特別授業が開かれた。芸妓(げいぎ)の小鈴姐さん、酒田舞娘の鈴華さんと鈴千代さんの講話・演舞を通し、6年生27人が「酒田の魅力」に...

輝く黄金 ロール点々 小麦収穫 ペース順調 帯広

 小麦の収穫が十勝管内で本格化する中、畑に残った麦わらを専用機械で巻き集めた「麦稈(ばっかん)ロール」が点在する風景を目にするようになった。広大な十勝農業を象徴する、夏限定の牧歌的な一こま。「...

宇部日報社

中学校の垣根越え研さん 厚狭卓球クラブ、部活動の地域移行先駆け【山陽小野..

 中学校部活動の地域連携・地域移行をめぐり、山陽小野田市は2026年度からの休日活動での地域移行を目指して協議を進めている。「地域の子どもたちを地域で育てよう」の共通認識の下、学校や市スポーツ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク