全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

帯広・トテッポ工房 カフェ増築オープン 地場産スイーツ発信に力

 帯広市内の菓子店・十勝トテッポ工房(三井邦裕社長、西6南17)の新たなカフェが14日午後3時にオープンした。十勝産食材をふんだんに使用したカフェ限定のスイーツや軽食などを提供し、十勝の食を発信する。増築して従来よりスペースを拡大したほか、建物のデザインにもこだわった。

カフェコーナーが増設された十勝トテッポ工房

 従来のカフェは既存店舗(85平方メートル)内に設置されていたが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて2020年3月から休業していた。コロナ収束も見据え、店内で飲食しながら、とてっぽ通りの風景も楽しんでもらおうと、店舗につながる形で60平方メートル増築してカフェスペースを新設。席数は24席から最大30席に増えた。

 メニューはフードとドリンク各10種類程度を用意。十勝加藤牧場(帯広)のジャージーミルクカスタードクリームや、ときいろファーム(帯広)のフランボワーズジュレなど、地場産の食材にこだわった「十勝ベリーとチーズのパフェ」(1210円)や、トヨニシファーム(帯広市)の豊西牛を使った「豊西牛カルビサンド」(748円)などを提供している。

 建物は四季折々の風景を楽しめる大きな窓が特長で、外壁と床にカラマツ材を使用。内壁にはしっくいを施し、自然との一体感を演出した。今後、しっくい壁には帯広出身の芸術家・板東優氏が、トテッポ工房の由来となった旧十勝鉄道をモチーフとした絵を描く予定だ。

カフェのオープンを祝い、ケーキカットを行う(左から)鈴木理氏、高橋正行氏、三井邦裕氏、津山博恒氏、高津匡平氏。右端は林取締役

 14日午前、オープニングセレモニーが現地で行われた。十勝トテッポ工房の林光繁取締役が「帯広で自然と一体となったカフェはほかにない。今後は全国、アジア、世界においしいお菓子を届けていきたい」とあいさつ。来賓の高橋正行帯広地方卸売市場社長が祝辞を述べた。高橋社長、津山博恒北洋銀行常務執行役員帯広中央支店長、鈴木理アトリエの鈴木理社長、篠河建設の高津匡平社長、トテッポ工房の三井社長がケーキカットを行った。

 三井社長は「十勝の素材の良さをいかに皆さんに伝えるかが使命。スイーツやドリンクのほか、軽食にも力を入れている」とPRしている。

 カフェの営業時間は午前11時~午後5時(午後4時半ラストオーダー)。店舗の営業は午前10時~午後6時。

関連記事

ポリネシア先住民族のダンサー ウポポイ 炎の演舞披露 白老

ポリネシアの先住民族にルーツを持つ米ハワイ出身のダンサー、デビット・ナレアイさん(45)とバイソン・ナレアイ(25)さんが24日、白老町若草町の民族共生象徴空間(ウポポイ)を訪れ、南洋のサモア諸島...

荘内日報社

土砂災害や河川氾濫に厳重警戒 「大雨特別警報」酒田、鶴岡、遊佐で避難指示

 梅雨前線の影響で大気が不安定となり庄内地方は25日、雷を伴った激しい雨が降り続いた。この雨で土砂災害の危険度が高まったとして気象庁は同日午後1時5分、酒田市と遊佐町に警戒レベル5に当たる「大雨特別警報...

メークインで高級スナック菓子 50グラム540円「フライドポテト」 JA..

 JA帯広大正(森和裕組合長)は、高級スナック菓子「帯広大正農協の大正メークインでつくったフライドポテト」を発売した。同JAのブランド野菜「大正メークイン」の素材力を生かし、サクサクの食感と素朴な...

宇部日報社

原小出身の三戸選手が2発、パリ五輪サッカー男子の初戦勝利に貢献、市役所で..

 パリ五輪のサッカー男子は25日(現地時間24日)、1次リーグが始まり、D組の日本は宇部市出身の三戸舜介選手(21)の2ゴールなどでパラグアイに5-0で快勝した。南米の難敵を相手に1次リーグ突...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク