全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

鳥海山のライス型 ジオパーク発信 光陵高生製作 「遊佐カレー」盛り付けに

 鳥海山の山容を立体的に模したご飯に風味豊かなルーを合わせ、遊佐町特産のパプリカなどをトッピングして仕上げる「遊佐カレー」のご飯を、簡単きれいに盛り付けることができる「鳥海山型ライス型」を県立酒田光陵高(藤田雅彦校長)電気電子科の生徒が約1年3カ月かけて完成させ12日、JR遊佐駅などが入る「ゆざっとプラザ」で報告会を開いた。

鳥海山型ライス型で盛ったご飯で仕上げた遊佐カレーを披露する酒田光陵高生たち

 遊佐カレーは、同町と酒田市、秋田県にかほ市、由利本荘市で構成する鳥海山・飛島ジオパーク推進協議会(会長・市川雄次にかほ市長)の認定商品の一つ。ご飯を鳥海山の形にしているが、手で成形するため特にイベントなど数多く提供する場合は時間がかかり大変だった。

 そこで、ライス型があれば盛り付け作業の負担軽減につながるのではと2020年9月、同協議会が同校に製作を打診。同科の課題研究として取り上げることになり製作が始まった。型の素材選定などが難しく、約40個の試作品を経て昨年末、熱した硬化塩化ビニール板を真空成型機に入れ、3Dプリンターで作った鳥海山型に押し付けることで、目標としていた軽くて丈夫なライス型が完成した。

 この日は、昨春の卒業生から課題を受け継いだ生徒5人のうち4人が同プラザを訪れ、製作過程や苦労したことなどを説明。時田博機町長は「鳥海山・飛島ジオパークを発信できるパーツが増えた」と喜んだ。続いて同プラザ1階の「遊佐カレー」本店で盛り付け作業が実演され、東西2つのピークを持つ鳥海山特有の山容が皿の中に再現された。周りにルーを注ぎさまざまな野菜をトッピングして「遊佐カレー」が出来上がり、関係者全員で試食した。

 同協議会では、このライス型を広く貸し出し、各種イベントなどで利用してもらうことで同ジオパークのPRにつなげたいとしている。

ライス型をはずすと2つのピークが特徴の鳥海山の山容が現れた

関連記事

長野日報社

寒さもうなぎで乗り切る 岡谷市発祥「寒の土用丑の日」近づく 長野県

長野県岡谷市発祥の「寒の土用丑の日」(24日)を控え、市内のうなぎ料理店や川魚店からは、かば焼きの甘い香りが漂っている。長引く新型コロナウイルス感染症の影響で店側には厳しい状況が続くが、関係者は...

荘内日報社

冬ごっつぉ 山海の幸ふんだんに 「温海旬御膳」来月28日まで 8店舗オリジナル..

 冬の日本海で捕れた旬の幸の料理や温泉入浴など、鶴岡市温海地域の魅力を堪能できるキャンペーン「温海旬御膳~冬のごっつぉめぐり~」が14日から始まった。来月28日まで、同地域の旅館や飲食店8店舗でそれぞれ...

荘内日報社

若者の感性でラベルデザイン 清酒「清泉川」のオードヴィ庄内が純米酒2種発売 ..

雪若丸の特長生かし 粒立ち良さ立体的に  清酒「清泉川」のオードヴィ庄内(酒田市浜中、佐藤晴之社長)は今春、県産ブランド米「雪若丸」で醸造した初搾り純米酒「オードヴィヌーボー」2種を一般発売する。...

長野日報社

長野県富士見町で新規就農の河村さん夫妻 農閑期に焼きいも屋

 昨年4月に新規就農した長野県富士見町御射山神戸のパセリ農家河村亮さん(49)、まさ子さん(49)夫婦が移動販売の焼きいも屋「やきいもキジ農園」を始め、週末を中心に町内の道の駅「信州蔦木宿」に出店...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク