全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

門田組が端材を詰め放題で販売「積み木遊びや工作に」

苫小牧市三光町の建築業門田組(中田博子社長)では、建築現場で発生した端材を小さく切り、「木っぱ詰め放題」(1袋110円)として販売している。限りある資源の有効活用が目的で、端材の形や色はさまざま。中田社長は「積み木遊びはもちろん、工作にも役立てて」と話している。

さまざまな端材を購入することができる

 扱っている端材は、元は柱やフローリング、手すりなどに使われていたもの。このため円柱や立方体、板状などいろいろな形があり、色も木そのままのものやピンク、白、茶色など多彩。大きさも1センチから8センチ程度までバラバラ。同社の職人が一つ一つ丁寧にやすり掛けをし、ささくれなどを取り除いている。

 これらを幅12センチ、長さ20センチ、奥行き7センチの紙袋に好きなだけ詰めて購入できる。紙袋の上を折り曲げられる程度まで、大きさや形、詰め方によっては40個以上入れることも可能という。

 同社ではSDGs(持続可能な開発目標)に取り組むため、建築端材の有効活用も進めている。中田社長は「子どもたちには木のぬくもりを感じながら、豊かな発想で遊びを楽しんでもらいたい」と語る。

 木っぱ詰め放題は同社敷地内にある雑貨店「ZAKKA KADOTA」のほか、市民活動センターと市教育福祉センター内にある苫小牧風花の会の売店で取り扱っている。

 問い合わせは同社 電話0144(32)1118。

関連記事

紀伊民報社

椿温泉湯治体操が完成

 和歌山県白浜町椿にある旅館「しらさぎ」で20日、「椿温泉湯治体操」のお披露目会があった。体操を開発した健康運動指導士の寺田尊紀さん(44)=和歌山市=は「全世代の誰もができる、気持ちから元気に...

荘内日報社

「キッチンカー」人気!! 大型店やイベント出店依頼 コロナ禍 機動力ある販売..

 移動販売の「キッチンカー」が庄内で増えている。コロナ禍となった2020年から昨年までの2年間で新たに23台が庄内保健所に登録した。大型店からオファーを受けるケースのほか、市や町が主催するイベントに「来て...

「スロウ」直営店27日に開店 帯広のソーゴー印刷

 ソーゴー印刷(帯広市、高原淳社長)は27日、同社が発行する雑誌「ノーザンスタイルスタジオ・スロウ」で紹介してきた、管内外のこだわり商品などを集めた初の直営店「SLOW living(スロウリビン...

宇部日報社

たんぼラグビー、泥しぶきを上げてダッシュ 山口市

 第1回たんぼラグビーは21日、山口市吉敷佐畑1丁目の水田であり、小学生から大学生までの50人が全身泥だらけになりながらトライを目指した。2015年に京都府で発祥したとされるラグビーで、県内では...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク