全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

宇部市管理職場イクボス宣言

イクボス宣言した久保田市長をはじめとする管理職員たち(市役所で)

 山口県宇部市の久保田后子市長をはじめ課長級以上の管理職133人が2日、イクボス宣言をした。部下の人材育成に重点を置き、キャリア形成、ワークライフバランスを応援し、働きやすい職場づくりを推進する。市長によるイクボス宣言は、周南市に次いで県内2番目。

 宣言は「部下との対話を常に大切にし、情報共有やコミュニケーションを円滑にすることでチーム力を高めます」「古い価値観、固定観念を捨て、柔軟に変化・変革します。男性職員の育児休業取得も、当然のことと受け止めます」など4カ条。宣言したのは、上下水道局と交通局を除く管理職で、宣言書は各職場に掲示する。宣言式は市役所であり、出席者全員で宣言書を唱和。久保田市長は「一人一人が能力を発揮でき、互いに尊重し合える多様性と一体性のある職場をつくっていきたい。宣言の下、職場を点検し、変えるということを恐れないで、新たな働き方と、よりよい市民サービスにつなげていこう」と呼び掛けた。

 イクボスとは、部下や同僚の育児や介護、ワークライフバランスに配慮や理解のある上司。市では今まで以上に、職場の意識改革や業務の効率化を進めていく。上司自らがワークライフバランスを実践するため、これまで育児や介護などを希望する職員が登録し、活用していたテレワークを拡充。技能労務職など一部の職種を除く勤続3年以上の正規職員に登録を義務付け、課長補佐級以上の職員に対して今年度中の試行を促す。テレワークは、情報通信手段を使い、場所や時間にとらわれずに働く労働形態。市では4月に県内で初めて制度化した。

関連記事

鹿追・然別湖コタン 今年は500円 入場に協賛金

 鹿追町や十勝の風物詩となっている冬のイベント「しかりべつ湖コタン」(実行委、鹿追町主催)が29日午前9時に開幕する。今回からイベント継続を目的に、入場する際の協賛金制度を設けた。  コタンは...

北羽新報社

医療用かつらに使って 能代市の小3男児がヘアドネーション

 病気などで脱毛などに悩む子どもたちの医療用かつらに役立ててもらおうと髪の毛を寄付する「ヘアドネーション」に興味を持ち、2年以上も髪を伸ばしてきた能代市向能代小3年の菅原凜君(8)=同市落合=...

海外の高校生と討論・交流 ディベート世界大会に初出場 大島高校英語部

 鹿児島県奄美市名瀬の県立大島高校英語部(脇本由里香顧問、部員18人)の2年生3人は21~22日、オンラインで開催された「第7回PDA高校生パーラメンタリーディベート世界交流大会」に出場した。1...

長野日報社

「わらいずみ」注文続々 長野県飯島町の南信州米俵保存会に

 大相撲の土俵をはじめわら細工を幅広く手掛ける長野県飯島町の南信州米俵保存会に、ミシュランに掲載される東京のすし店などから特別注文が相次いでいる。特注品は本来炊いた飯を保温するために使うかご「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク