全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

知識ととのう「サウナ大学」十勝から オンラインで2月開講

 北斗病院(帯広)医師で日本サウナ学会代表理事の加藤容崇さんらが、サウナに関する基礎知識を網羅的に学べるオンラインスクール「日本サウナ大学」を2月に開講する。医学、地方創生、マネジメントなどの視点から体系的にサウナを学び、本質的な価値を提供する人材を全国的に養成する。加藤さんによると、「サウナを学べる全国的な組織は国内にはなく、世界でも珍しい」という。

日本サウナ大学を開講する(右から)加藤さん、林さん

北斗病院・加藤医師ら 法律、効果、運営など講義
 近年、国内では空前のサウナブームが起こり、新たに導入する事業者も増えている。しかし、サウナづくりに必要な医学的情報、経営、設備・運用など多岐にわたる知識が不十分なまま、不適切な導入によって地域や施設の価値を下げ、利用者の健康を害するなどの失敗例もあるという。そこで、効率良くサウナを導入できるように、ノウハウを共有する。

 同大学は全国各地で地域固有のサウナづくりに取り組む加藤さん(OneGreen代表)、十勝サウナ協議会発起人の林克彦さん(北海道ホテル社長)、地方創生の専門家の木下斉さん(エリア・イノベーション・アライアンス代表)の3人で立ち上げた。

 それぞれの分野でサウナ事業を行っている先駆者を講師に招き、サウナに関する法律、健康効果、イベント企画などをテーマに講義を行う。

 ターゲットは、サウナ愛好家や新たに導入しようとしている人、地域活性化に寄与できるサウナを目指す人など。サウナ関係者のコミュニティー形成も狙いで、サウナを通して人々の豊かな生活の実現を目指す。

 基本は動画講義で、5カ月間で16回以上を配信。先進的なサウナ施設での実地研修もある。2月11日に北海道ホテルで開講式を行う予定。受講料は66万円。

 学長の加藤さんは「サウナが生活の一部になることで健康や観光につながり、社会課題解決のパーツにもなる。サウナをつくろうとする人たちが失敗することなく、魅力的なサウナがたくさんできてほしい」と話している。

 定員は50人。1月末まで同大学のホームページで申し込みを受け付けている。

関連記事

紀伊民報社

地蔵の顔欠け「かわいそう」 「百間ぐら」で風化か

 世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に登録されている熊野古道「小雲取越」の途中にある和歌山県田辺市本宮町の名所「百間ぐら」で、道沿いにある地蔵の顔が欠けた状態になっている。風化によるとみられるが...

小中学校 「ふっこう応援給食の日」 能登牛カレーに舌鼓  白老

白老町の小中学校で11日、石川県のブランド牛「能登牛」を使ったビーフカレーが給食に提供された。白老牛銘柄推進協議会(岩崎考真会長)が能登半島地震の被災地支援のため購入した牛肉。町教育委員会(しらお...

忠類から詐欺撲滅! ボランティア団体「どんとこいの会」結成

 幕別町忠類で、地元建設会社とシニアクラブが詐欺撲滅を目指すボランティア団体「詐欺撲滅団 忠類どんとこいの会」を結成した。帯広署管内でSNS詐欺防止のボランティア団体がつくられるのは初めて。同署忠...

荘内日報社

“郵便のお仕事”興味津々 松原保育園児が鶴岡郵便局訪問

 鶴岡市宝町の市立松原保育園(齋藤功園長、園児115人)の園児たちが11日、同市山王町の鶴岡郵便局(藤井泰局長)を訪問し、仕分けや押印など郵便業務を見学した。  園児たちが大好きな郵便配達をテーマにし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク