全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

風船飛ばし「笑顔の輪」 中川村みなかた保育園に手紙届く

飛ばした風船を拾った人たちから届いた手紙などを見て、喜ぶ園児たち

「風船はわれていましたが、『笑顔の輪』は広がりました」―。心がほっこりするような手紙が何通も、昨年に風船を飛ばした中川村みなかた保育園に届いた。送り主は、いずれも東京都内で風船を拾った3組。コロナ禍の中、人と人とのつながりを―との思いを乗せた風船は、数百キロメートル離れた人たちとの出会いを生み、園児たちは「手紙が返ってきて、うれしい」と大喜びしている。

昨年11月の参観日。コロナ禍の中での思い出づくりにと、親子で色とりどりの風船を空に放った。環境に配慮した風船には、園の連絡先とともに、「ご縁あって拾ってくださり、ありがとうございます」とのメッセージを添えた。2日間で計100個を飛ばし、東京から3通の返事が届いた。県内に住んだことのある女性は「縁を感じた。皆さんの笑顔がみえるようです」、伊那市と友好都市提携を結ぶ新宿区の親子も「縁を感じた。南アルプスを越えたのでしょうか?。ワクワクする経験でした」とつづった。

思わぬ返事に大はしゃぎした園児や職員たち。園児らが作ったカレンダーや村産リンゴなどを、「ありがとう」の気持ちを込めて送った。昨年12月にお礼の電話があったほか、東村山市の病院からはサンタクロースを描いた額や名産品が届いた。同封の手紙には「中川村、すばらしいところですね。カレンダーと上手に描いてくれた絵は施設に飾りました」と感謝するメッセージが躍っていた。

平田由美子園長は「まさか返事がくるなんて。心温まる手紙に、つながりを感じることができました」。園児たちも、風船に込めた「笑顔の輪が広がりますように」との願いがかない、満面の笑みを浮かべていた。

関連記事

紀伊民報社

地蔵の顔欠け「かわいそう」 「百間ぐら」で風化か

 世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に登録されている熊野古道「小雲取越」の途中にある和歌山県田辺市本宮町の名所「百間ぐら」で、道沿いにある地蔵の顔が欠けた状態になっている。風化によるとみられるが...

小中学校 「ふっこう応援給食の日」 能登牛カレーに舌鼓  白老

白老町の小中学校で11日、石川県のブランド牛「能登牛」を使ったビーフカレーが給食に提供された。白老牛銘柄推進協議会(岩崎考真会長)が能登半島地震の被災地支援のため購入した牛肉。町教育委員会(しらお...

忠類から詐欺撲滅! ボランティア団体「どんとこいの会」結成

 幕別町忠類で、地元建設会社とシニアクラブが詐欺撲滅を目指すボランティア団体「詐欺撲滅団 忠類どんとこいの会」を結成した。帯広署管内でSNS詐欺防止のボランティア団体がつくられるのは初めて。同署忠...

荘内日報社

“郵便のお仕事”興味津々 松原保育園児が鶴岡郵便局訪問

 鶴岡市宝町の市立松原保育園(齋藤功園長、園児115人)の園児たちが11日、同市山王町の鶴岡郵便局(藤井泰局長)を訪問し、仕分けや押印など郵便業務を見学した。  園児たちが大好きな郵便配達をテーマにし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク