全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

酒田 タクシー会社や温泉・観光施設連携 専用車使用し無料モニターツアースタート

 新型コロナウイルス感染症で利用が減った酒田市のタクシー会社、温泉・観光施設などが手を携え、アフターコロナを見据えた新たな観光ツアー商品を造成することにし9日、貸し切りの専用タクシーを使った無料のモニターツアーがスタートした。観光庁「既存観光拠点の再生・高付加価値化推進事業」を活用したもので、来月中旬までモニターツアーは実施、利用者のアンケート結果を基に利便性の高い商品造成を図る。

 コロナ禍で危機的状況にある観光地域の再生に向け同庁は、観光分野の事業者と交通事業者が連携し行う交通を軸とした誘客促進や付加価値向上の取り組みを支援することで、地域の魅力・収益力の向上を図ってもらおうと推進事業を展開。今回は、松山観光タクシー(字山田)が軸となり、アイアイひらた(山楯)、舞娘(まいこ)茶屋 相馬樓(日吉町一丁目)、月のホテル(幸町一丁目)が参加し、利用客の掘り起こしに加え、アフターコロナを見据えて個人旅行客の取り込みに向けた先鞭を付けようと応募、昨年暮れに採択された。

 モニターツアーは、月のホテル前を貸し切りタクシーで出発し、アイアイひらたへ。入浴や食事を楽しんだ後、酒田舞娘による演舞を鑑賞。再びタクシーで同ホテルに戻ってくる行程。9日の初便には市内在住の男女21人が参加。タクシー11台に分乗し温泉に向かい、入浴した後、小鈴姐さんが奏でる三味線の演奏に合わせ酒田舞娘の一千花さん、千鶴さんが「庄内おばこ」「酒田甚句」など5番を披露した。体験したコンテンツの評価などを問うアンケートに協力した60代女性グループは「初めて酒田舞娘を見て感動。首都圏から親類が来た際などぜひ勧めたい」と話した。

旅行商品造成に向けたモニターツアーがスタート。酒田舞娘が見送る中、タクシーに乗り込む参加者=9日午後、アイアイひらた

 松山観光タクシーの池田新専務は「観光客の減少はもとより、外で飲む人が減って夜の稼働率がなかなか伸びない。タクシーの売り上げはコロナ前に比べほぼ半減」と。そして「1社では限界がある。アフターコロナを見据え、関わる人全てが連携し挑戦していくことが大事」と話した。

 モニターツアーはタクシー・舞娘鑑賞・会場代込みで無料(入浴料・食事代は別途)。誰でも参加でき今月16(日)、22(土)、23(日)、29(土)、30(日)、2月6(日)、13(日)の計7日間の午後に実施する。問い合わせ、申し込みは松山観光タクシー=電0234(62)2140=へ。

関連記事

紀伊民報社

地蔵の顔欠け「かわいそう」 「百間ぐら」で風化か

 世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に登録されている熊野古道「小雲取越」の途中にある和歌山県田辺市本宮町の名所「百間ぐら」で、道沿いにある地蔵の顔が欠けた状態になっている。風化によるとみられるが...

小中学校 「ふっこう応援給食の日」 能登牛カレーに舌鼓  白老

白老町の小中学校で11日、石川県のブランド牛「能登牛」を使ったビーフカレーが給食に提供された。白老牛銘柄推進協議会(岩崎考真会長)が能登半島地震の被災地支援のため購入した牛肉。町教育委員会(しらお...

忠類から詐欺撲滅! ボランティア団体「どんとこいの会」結成

 幕別町忠類で、地元建設会社とシニアクラブが詐欺撲滅を目指すボランティア団体「詐欺撲滅団 忠類どんとこいの会」を結成した。帯広署管内でSNS詐欺防止のボランティア団体がつくられるのは初めて。同署忠...

荘内日報社

“郵便のお仕事”興味津々 松原保育園児が鶴岡郵便局訪問

 鶴岡市宝町の市立松原保育園(齋藤功園長、園児115人)の園児たちが11日、同市山王町の鶴岡郵便局(藤井泰局長)を訪問し、仕分けや押印など郵便業務を見学した。  園児たちが大好きな郵便配達をテーマにし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク