全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

氷結の湖上 テント満開 上士幌糠平湖 ワカサギ釣り

設営したテントの中でワカサギ釣りを楽しむ愛好者

 糠平湖の「ワカサギ釣り」が6日に解禁され、3連休に入り、にぎわっている。厳冬の中、氷上に色とりどりのテントが並び、防寒着姿の釣り人たちが、氷に開けた丸い穴に釣り糸を垂らして楽しんでいる。

 NPOひがし大雪自然ガイドセンター(上士幌町)代表理事の河田充さんによると、8日は通常より多い約200人が訪れた。現在の氷の厚さは約20センチ、釣れるワカサギは7~8センチと小ぶりが多く、1人当たり平均で20匹、中には250匹釣る人もいる。

 9日も昼近くには多くのテントが張られ、釣りを楽しむ光景が見られた。帯広から訪れた会社役員の清水貴之さんは「例年来ている。小刻みによく釣れる感覚が面白い」と、笑顔でリールを巻き上げていた。

 氷の張り具合にもよるが、3月上旬まで楽しめる。河田さんは「滑りやすいので防寒靴が必要」と注意を呼び掛けている。釣魚料は1日券600円。問い合わせは、同センター(01564・4・2261)へ。

 管内のワカサギ釣りは大樹町晩成ホロカヤントーが先月31日、新得サホロ湖では今月10日に解禁となった。

色とりどりのテントが並ぶ湖畔

関連記事

長野日報社

歴史や文化歩いて再発見 高遠町で謎解きゲーム

長野県伊那市高遠町のご城下通り一帯にある石碑や建造物を巡り、クイズに答える高遠「謎解き町歩きゲーム~時間泥棒からの挑戦状~」が11日に始まった。同市高遠商工観光課が、主に市内小学生らを対象に企...

長野日報社

「縄文」ブースの写真投稿を 長野県諏訪地方6館でスタンプラリー

 長野県諏訪地域振興局は、日本遺産「星降る中部高地の縄文世界」を構成する諏訪地方6市町村の博物館・考古館6館で、写真共有アプリ「インスタグラム」を活用したスタンプラリーキャンペーンを展開してい...

長野日報社

諏訪大社下社秋宮、幻想的 ライトアップ14日まで 長野県

 長野県諏訪大社下社秋宮で、「夏詣」の企画に合わせてライトアップが行われている。雅楽の音が流れる中、静かな夜の境内を幻想的な光が包んでいる。参拝者らはライトアップされた御柱や神楽殿などをスマー...

北羽新報社

豪華絢爛、能代七夕「天空の不夜城」3年ぶり運行

 高さ日本一の城郭灯籠が練り歩く能代七夕「天空の不夜城」は2日、能代市中心部の国道101号で3年ぶりに開幕した。高さ24・1㍍の「愛季(ちかすえ)」と、5丈8尺(約17・6㍍)の「嘉六(かろく)」が...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク